医療システムの横河医療ソリューションズ > ITEM2017<詳細>

  • :横河医療ソリューションズの特長は何ですか?
  • :営業・開発・エンジニア・サービスが集結した組織力を活かし、どのような局面においても... 続きを読む
  • :PACSの構築にはどれくらい時間がかかりますか?
  • :ご契約内容にもよりますが... 続きを読む

製品に関するお問い合わせ、資料請求、またはお困りの事が ございましたらお気軽にお問い合わせください。

山口大学医学部附属病院
山口大学医学部附属病院

院内の様々な情報を統合参照できる医療情報マネジメントシステムを構築

神戸低侵襲がん医療センター
神戸低侵襲がん医療センター

放射線治療・化学療法に特化した医療機関を支える横河のソリューション

ITEM2017

【大会概要】


ITEM2017 国際医用画像総合展に出展いたします。
今年は「人がつながる 気づきが広がる 新たな価値の創造へ」をコンセプトに最新製品の展示をおこないます。システム構築の過程やデモンストレーションなどでいただいたお客様からの声を参考に、製品をさらに進化させるべく取り組んでまいりました。この展示会で、是非お確かめください。

大会HP ITEM2017 国際医用画像総合展(ITEM in JRC2017)
http://www.jira-net.or.jp/item2017/item_2017.html
会期 4月14日(金)10:00〜17:00
     15日(土)  9:30〜17:00
     16日(日)  9:30〜15:00
場所 パシフィコ横浜 展示ホールA(一部)B,C,D
アクセス http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html/
会場図
ITEM2017 展示ホールマップ

【主な展示】

読影支援ゾーン、撮影支援ゾーン、放射線治療支援ゾーンの3つのゾーンに分け、弊社最新パッケージをベースとした機器展示・デモンストレーションをおこない其々の最新機能をご確認いただけるようにいたしました。

  • 読影支援ゾーン
    読影用画像ビューアと所見レポート作成の一体感を表現し効率的な読影業務をご紹介いたします。画像ビューアの新機能cDWI、ROI VR などをご体感下さい。また、レポートでは、読影時に簡単に疾患画像を登録できる症例画像管理機能を強化しました。今後データ解析等でも使用できるよう、蓄積方法の多様化や参照方法の簡易化など、幅広く利活用できるよう工夫を行っております。そして、読影以外の日々の知的業務や教育も支援できるアプリケーションをラインナップとして揃え、業務全体を通してのソリューションをご紹介いたします。
    ≪展示品≫
    ・画像サーバ:ShadeQuest/Serv
    ・画像診断ワークステーション:ShadeQuest/ViewR-DG
    ・レポートシステム:ShadeQuest/Report

  • 撮影支援ゾーン
    効率的な撮影業務の支援はもちろんのこと、電子カルテとの連携を実現し、情報を集約した放射線部門業務システムをご紹介いたします。
    ≪展示品≫
    ・RIS:ShadeQuest/RIS
    ・検像システム:ShadeQuest/Kenzo

  • 放射線治療支援ゾーン
    大変多くのお客様にご採用いただき好評をいただいている治療RISに加え、新しい装置に対応し、計画情報の参照をますます簡便にする治療専用ビューアをご紹介いたします。
    ≪展示品≫
    ・治療RIS:ShadeQuest/TheraRIS
    ・治療ビューア:ShadeQuest/ViewRT