医療システムの横河医療ソリューションズ > 過去のレポート<2014年>

  • :横河医療ソリューションズの特長は何ですか?
  • :営業・開発・エンジニア・サービスが集結した組織力を活かし、どのような局面においても... 続きを読む
  • :PACSの構築にはどれくらい時間がかかりますか?
  • :ご契約内容にもよりますが... 続きを読む

製品に関するお問い合わせ、資料請求、またはお困りの事が ございましたらお気軽にお問い合わせください。

山口大学医学部附属病院
山口大学医学部附属病院

院内の様々な情報を統合参照できる医療情報マネジメントシステムを構築

神戸低侵襲がん医療センター
神戸低侵襲がん医療センター

放射線治療・化学療法に特化した医療機関を支える横河のソリューション

過去のレポート<2014年>

大会名 日本放射線腫瘍学会 第27回学術大会
開催期間 2014年12月11日(木)〜 12月13日(土)
会場 パシフィコ横浜 展示ホール

参加レポート

日本放射線腫瘍学会 第27回学術大会において機器展示とセミナーに参加しました。
今年の会場はパシフィコ横浜ということもあり、各社実機やモックアップ機材を展示していました。弊社もゆったりとした展示スペースで製品の説明をお聞きいただきました。

写真_ブース入口
写真_ブース内

また、例年のアフタヌーンセミナーに加えて、ランチョンセミナーも開催させていただきました。アフタヌーンセミナーでは、広島大学より村上先生(医師)、越智先生(技師)、岩波先生(看護師)の3名の先生方に「チーム医療」をテーマに、それぞれのお立場からご講演いただきました。ランチョンセミナーは、がん研有明病院の小塚先生より、治療RISについてご講演いただきました。いずれのセミナーにおいても400名近い方々にご来場いただき、会場もほぼ満席となりました。お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

アフタヌーンセミナー

アフタヌーンセミナー

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー

放射線治療部門情報システム「ShadeQuest/TheraRIS」では、医師、技師、物理士、看護師それぞれに特化した画面での進化した機能をご紹介しました。また、放射線治療部門画像ビューア「ShadeQuest/ViewRT」もご紹介し、多くの先生方から大変よいご評価をいただきました。
進化し続ける放射線治療の現場から出るさまざまなニーズに応えるべく、より良い製品づくりに取り組んでまいります。

大会名 RSNA2014 100th Scientific Assembly & Annual Meeting
開催期間 2014年11月30日(日)〜 12月5日(金)
会場 シカゴマコーミックプレイス

参加レポート

2014年11月30日に開催された第100回北米放射線学会(RSNA2014)に参加しました。 今年は記念すべき第100回ということで、展示会場内や特別企画として設けられたCentennial Showcaseで、等身大のレントゲン博士の人形や歴史的資料、装置が展示され、放射線の歴史を体感することができました。

写真_入口
写真_館内

ポスターセッション、企業展示においては、CT・MRの進化に対応した画像解析(Quantitative Imaging)に関する情報、放射線領域のデータベース(Reporting、RIS、EMR)等の情報収集を積極的に行いました。
VNA、Image Sharing等のキーワードについての多くのディスカッションや、クラウドサービスビジネスにおけるヒントも得ることができ、次期製品開発において大変有意義な機会となりました。

2014年度に参加した大阪大学病院様におけるVM、VDI環境での動作テストに関する発表が、大阪大学病院 三原先生よりポスター発表されていました。

写真_ポスター

これからも業界の流れを広くキャッチしながら、優れた製品をご提供していまいります。

大会名 第7回中部放射線医療技術学術大会
開催期間 2014年11月1日(土)〜 11月2日(日)
会場 名古屋国際会議場

参加レポート

2014年11月1日(月)〜2日(日)にかけて、第7回中部放射線医療技術学術大会は、名古屋国際会議場で開催されました。

セミナー会場

広い会場にもかかわらず、多くの参加者により活気がある大会でした。
今年は機器展示に加えて、ランチョンセミナーの共催も行いました。名古屋大学の三宅先生司会のもと、豊橋市民病院の原瀬先生より「医療情報部門からみた放射線部門システムの現状と未来」と題して ご講演いただきました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

大会名 IHE-J2014コネクタソン
開催期間 2014年9月16日(火)〜 9月20日(土)
会場 横浜産貿ホール マリネリア

参加レポート

2014年9月16日(火)〜9月20日(土) 横浜産貿ホール マリネリアでIHE-Jコネクタソン2014が開催されました。

写真_入口

弊社はRIS(ShadeQuest/RIS)とサーバ(ShadeQuest/Serv)で参加しました。

コネクタソンとは医療情報の標準化の一環として、IHE-Jの定義する統合プロファイル(ワークフロー)に基づき医療ベンダー同士がシステムの接続性を確認・修正していく場です。ここでのテストで接続性が確認できれば標準化システムとして、接続時の時間や手間の軽減、システムの安定した運用等が期待できます。

写真_館内

昨今、病院情報システムの構築時において標準化を志向するお客様が増えつつあります。私たち横河医療ソリューションズはお客様のさまざまなニーズに応えるべく今後も標準化への取り組みを進めていきます。

各製品の「IHE適応宣言書」は、こちら

大会名 American Society for Radiation Oncology(ASTRO)
開催期間 2014年9月14日(日)〜 9月17日(水)
会場 カリフォルニア州サンフランシスコ市 Moscone Center

参加レポート

2014年度のASTROは、カリフォルニア州サンフランシスコで開催されました。
さすが観光地だけあり、聞こえてくる言葉もさまざまで街全体が賑わっていました。

写真_街並み

学会では昨年よりも参加者が増えていたようで、今年は中国語・スペイン語圏向けのセッションが用意されていたのが特徴です。

今年のテーマは「Targeting Cancer: Technology and Biology」。基調講演では、放射線生物学や分子イメージングにスポットが当てられ、各種臨床試験やペーパーを中立的な立場で評価するとともに、放射線腫瘍学会でありながら、時には放射線治療を積極的に行わないという選択を取ることの必要性を説くなど、生物学的な根拠に基づいた効果とコストを判断する方向性が示されていました。
また全米で行われているChoosing Wisely(賢い選択)イニシアチブに対するASTROとしての「患者と医師のための5か条」は、さらに5か条が追加されて10か条になるなど、さらに踏み込んだ内容でした。

展示会場も昨年同様ににぎやかなものでした。各社さまざまな演出で新しい製品や放射線治療の現場を支えるソリューションを提案していました。

写真_エントランス
写真_館内

弊社も日本の放射線治療の現場に貢献できるよう、さらに優れた製品をご提案してまいります。
これからも横河医療ソリューションズにご期待ください。

大会名 2014国際医用画像総合展
開催期間 2014年4月11日(金)〜 2014年4月13日(日)
会場 パシフィコ横浜 展示ホール A,B,C,D

参加レポート

ITEM2014に出展いたしました。
今年も多くのお客様に新しくなった製品をご覧いただきました。

中でも、機能の向上と表示方法を工夫した所見レポートシステムや、職種別の画面でチーム医療に必要な情報共有を支援する放射線治療部門情報システムには、熱心に耳を傾けていただきました。

写真_ブース

また昨年同様データセンターと回線を結び、クラウド環境における画像ビューアの使用感を体験いただきました。ShadeQuest/Unlimitedは、昨年のITEMでご覧いただいた福井県済生会病院様以降、神戸大学医学部附属病院様、NTT西日本東海病院様など導入実績を増やしています。
特にNTT西日本東海病院様で実施した地域医療連携サービスにご興味を持っていただくお客様が多く、ShadeQuest/Unlimitedはお客様ニーズを的確にとらえながら着実に進化していることを実感する場ともなりました。

ランチョンセミナーでは、東北大学病院 高瀬先生の司会により、竹田綜合病院の松永先生にご講演いただきました。難しい疾患を読影する力、効率よく速く読む力、それらを伝える力など、「画像診断医の力」を向上させるための機能についてお話しいただきました。さらにカンファレンスを有効に活用でき、ティーチングファイルとしての活用やスライドの作成とストックに便利な機能を充実させたレポートシステムを紹介いただいたことで、セミナー終了後に展示ブースにお越しいただき、それらの機能を確認される先生方も多数いらっしゃいました。

写真_セミナー

今回いただきました貴重なご意見やご要望を踏まえ、お客様がより使いやすい製品をご提供できるよう、これからも努力してまいります。

ご来場ありがとうございました。

大会名 第33回日本画像医学会
講演日 2014年2月22日(土)
会場 東京ステーションコンファレンス

参加レポート

第33回日本画像医学会におきまして、ランチョンセミナーを開催いたしました。
今回は、岐阜大学病院放射線科の兼松先生を座長にお迎えし、浅野先生より、岐阜大学病院での様々な取り組みに加え、2004年からご利用頂いているShadeQuestシリーズ製品における機能拡張・改善の背景や利用方法に関して、具体的にお話しいただきました。

写真_講演会

システムを構築する際のメーカーの選び方として、ユーザーから発信される情報(要求・不満など)にきちんと向き合う文化を持つ企業と付き合うべきである。という、先生からの期待を込めたメッセージも頂戴しました。

検査数・画像枚数が飛躍的に増加する今、読影医への負担軽減や操作性の向上、より質の高い診断レポートを作成するための機能が求められています。そうしたニーズに応える製品をご提供するために、YOKOGAWAは、多くの先生方との対話を大切にしています。
これからも、お客様との交流を通じて、ShadeQuestシリーズのさらなる向上に取り組んでいきます。 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。