医療システムの横河医療ソリューションズ > 初めてのお客さまへ

  • :横河医療ソリューションズの特長は何ですか?
  • :営業・開発・エンジニア・サービスが集結した組織力を活かし、どのような局面においても... 続きを読む
  • :PACSの構築にはどれくらい時間がかかりますか?
  • :ご契約内容にもよりますが... 続きを読む

製品に関するお問い合わせ、資料請求、またはお困りの事が ございましたらお気軽にお問い合わせください。

山口大学医学部附属病院
山口大学医学部附属病院

院内の様々な情報を統合参照できる医療情報マネジメントシステムを構築

神戸低侵襲がん医療センター
神戸低侵襲がん医療センター

放射線治療・化学療法に特化した医療機関を支える横河のソリューション

はじめまして

私たちは、1994年にDICOM画像サーバを市場へ送り出して以来、モダリティを持たない、マルチベンダー対応のシステムインテグレーターとして、大学病院・地域中核病院などに300以上の医療情報システムを提供してきました。お客様の様々なニーズにエンジニアリング力で応えていくことで、多くの知識と経験を蓄積してきた、まさに、「お客様に育てられてきた企業」です。
これまで得てきたノウハウや技術を駆使して、これからもお客様へ貢献していきたいと思っています。

新たにシステムの導入を検討されているお客様、今のシステムに不満をもたれているお客様。私たちにご相談ください。お客様と一緒に考え、納得のいくシステム構築をお手伝いします。

システム構築のリスクについて

  • 「こんな筈じゃなかった」
  • 「要求仕様を満たしていない」
  • 「新たな予算を要求されて結局高くついた」

システム構築とは、こうしたリスクと常に隣り合わせの作業です。
それは、仕様が明確な装置や製品とは異なるために、その内容を、各々の立場や受けとめかたによって都合よく解釈できてしまうからです。

私たちはこの様なシステム構築のリスクを避けるために、お客様との事前確認、事前合意を社内の内部監査項目に加え、その徹底に努めています。打合せ時における議事録の作成や相互内容確認などもその一環です。

システム構築の工程図

地味で地道な作業ですが、お客様と一緒にシステムを作り上げる過程においては、決して手を抜けない作業です。これらの活動を通じて、これからも、信頼され、選ばれる企業を目指します。

約束を守り、最後まで逃げずにお客様と向き合う。
それが私たちのやりかたです。

私たちは、お客様との会話を通じてニーズの実現に努めます
私たちは、より良い提案を行い、それを実現します
私たちは、誠意を持って行動し、お客様の信頼に応えます