ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

フィールドインフォメーションサーバ ソフトウェア

WP9001 環境サーバプログラム (Fis.View)

フィールドインフォメーションサーバ(Fis)の測定データを表示・記録するアプリケーション

WP9001 環境サーバプログラム

WP9001 環境サーバプログラム

LAN または通信回線を介して複数のフィールドインフォメーションサーバから環境計測データ、画像などの情報を入力し、リアルタイム表示、データ表、グラフ作成、編集、印字などの処理を行います。
また Web 版は、入力情報を外部機器へ配信するとともに、コンテンツ化して、Web による情報配信を行います。

特長

仕様

システムの基本機能
動作環境の設定 観測局の IP アドレスなどシステムを稼働させるうえで必要な設定を行う
Fis からのデータ回収 LAN または通信回線を介して Fis より各種データを回収
データの編集 回収したデータを編集可能
統計値に関しては、編集後再計算を行う
ディスプレイへの帳票出力 日表、日処理、半旬処理、旬処理、月処理、年処理、月表、年表を表示
ディスプレイへのグラフ出力 日グラフ、月グラフ、年グラフ、風向頻度のレーダーチャートならびにトレンドグラフを表示
プリンタへの帳票出力 指定された期間の日表、日処理、半旬処理、旬処理、月処理、月表、年表を印字
連続回収の場合、局ごとに日界を越えたときに自動印字が可能
プリンタへのグラフ出力 トレンドグラフ、日グラフ、月グラフ、年グラフ、風向頻度のレーダーチャートを印字
ハードディスクへのデータ記録 回収したデータをデータベースに記録保存
データのフォーマット変換 指定された期間のデータを CSV(Comma Separated Value)形式に変換
CSV 形式に変換されたデータは、Microsoft Office Excel などの表計算ソフトに読み込み可能
データベースのバックアップ データベースのバックアップを実施
Web 出力機能
(-□□-WB 形のみ)
Web サーバ機能により、ブラウザを用いて観測データなどの各種コンテンツを表示
システムの環境条件
本体/メモリ OS のシステム要件を満たすパーソナルコンピュータ
ハードディスク 20G バイト以上の空き容量
ディスプレイ 1024×768 ピクセル以上、256 色以上
CD-ROM ドライブ CD-ROM を読み込みできるドライブ
プリンタ A4 サイズ、B4 サイズまたは A3 サイズの用紙が使用可能なプリンタ
OS Windows Server 2016 Standard x64(日本語版)
Windows 10 IoT Enterprise x64(日本語版)
Windows 10 Pro x64(日本語版)
Windows Server 2008 R2 Standard with SP1 x64(日本語版)
Windows 7 Professional with SP1 x86/x64(日本語版)
クライアントブラウザ
(-□□-WB 形のみ)
Internet Explorer Ver.11 で動作確認をしています

詳細資料

Get Adobe Reader®PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」が必要です。
「Adobe Reader」はアドビ システムズ株式会社のサイトより、無償で配布されています。