ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

水文観測

雨量・水位防災システム

渋谷区様導入事例

都市圏の生活環境が整備される一方で、雨水が一挙に河川に流入する都市型水害発生への対応が新たな課題となってきました。渋谷区様で取り組まれている雨量・水位防災システムと当社のフィールドインフォメーションサーバ(Fis)導入事例についてご紹介します。

導入経緯

渋谷区様の雨量・水位防災システムは、1990 年に NTT アナログ専用回線を使用したテレメータ伝送方式による防災システムとして当社が納入したもので、水位2局、雨量3局を区役所内で集中監視できるシステムです。

納入後 15 年が経過しシステムの老朽化が進んだことから、システムを更新したいとの依頼を渋谷区様からいただき、ネットワークに対応した多機能変換器 フィールドインフォメーションサーバ (Fis、以下Fisと呼ぶ)を提案させていただきました。

ネットワーク選択

フレッツ ISDN 回線は、DA64 などのデジタル専用回線と同等の通信速度で常時接続が可能です。
グループアクセスのサービスを追加すればプライベートネットワークも構築でき、コストパフォーマンスに優れた回線として採用しました。

運用状況

渋谷区様に導入したシステムは、各現場のデータを PC のブラウザで見ることや、区役所内に設置した環境サーバプログラム(Fis.View、以下Fis.Viewと呼ぶ)で各観測局のデータの集中管理ができます。

ネットワークの高速化対応と拡張性

本システム(Fis、Fis.View)は、今後、回線使用料が安くなることが見込まれる高速光回線(Bフレッツ)にも対応しておりますので、将来、高速ネットワークを導入する場合でも容易にシステム構築を行うことが可能です。
高速ネットワーク化は、各現場にWeb カメラを設置し、リアルタイムに現場を監視することや、画像と共に観測データを保存することなど、システムを拡張して利用することを可能とします。

渋谷区様 雨量・水位防災システム 構成図

渋谷区様 雨量・水位防災システム 構成図