ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE

水文観測機器 水位計

W4481 シリコン振動式投込水位計発信器

シリコン振動子を利用して水圧の変化をとらえる水位計発信器

W4481 シリコン振動式投込水位計発信器

W4481
シリコン振動式投込水位計発信器

水深変化による水圧の変化を検出し、 4mA ~ 20mA DC の電流信号に変換して、2線式で伝送する水位計です。
感圧素子にはシリコン振動子の周波数検出方式を用いています。
発信器用ケーブルは外気圧導入チューブ入りです。(外気圧の変動による測定誤差を補償)

特長

仕様

検出方式 シリコン振動式
構   造 JIS C 0920 50 m 水中形
測定スパン 0 m ~ 10 m, 50 m
最大許容入力 測定スパンの上限値の4倍
精   度 測定スパンの上限値の ±0.2% (直線性、ヒステリシス含む)23℃時の空気圧試験
温度特性 測定スパンの上限値の ±0.015%/℃
調整設定 中継器が W4482-00-00 形の場合 ;
支援機器により設定 (設定は販売代理店,またはサービス代理店にご連絡下さい)
中継器が W4482-10-00 形の場合 ;
中継器の内蔵キーでゼロ点調整,ダンピング時定数,動作モードの設定が可能
ゼロ点調整 ; 測定内でエレベーション,サプレッション可能
ダンピング時定数 ; 0.2 秒, 0.5 秒, 1.0 秒, 2.0 秒, 4.0 秒, 8.0 秒, 16.0 秒,
32.0 秒, 64.0 秒
動作モード ; 4mA ~ 20mA DC 出力の正、逆
出   力 アナログ信号 ; 4 mA ~ 20 mA DC
負荷抵抗  ; 250 Ω ~ 600 Ω
電   源 22 V ~ 30 V DC ただし、負荷抵抗が最大(600 Ω)のとき、通信動作を行う場合は、26.2 V DC 以上が必要
使用環境 -5℃ ~ +40℃ (凍結しないこと)
隔測距離 発信器と中継器間 ; 最大 100 m
取付方法 水中に吊り下げ、またはスタンドにより水底設置(スタンドは別売り製品)
絶縁抵抗 電源と発信器ボディ間 ; 100 V DC, 20 MΩ
耐   雷 避雷素子などにより電源と発信器ボディ間 ; 10 kV
測定対象物 -□1-00 形 ; 上水・下水
-□2-00 形 ; 低濃度の薬液
材   質 ボディ ; ステンレス
接液ダイヤフラム ; ハステロイC
ベロフラム ; フッ素ゴム(-□2-00 形)
圧力伝達液
(-□2-00 形)
プロピレングリコール系溶液
外形寸法 -□1-00 形 ; 約φ60 mm× 300 (H)mm
-□2-00 形 ; 約φ90 mm× 310 (H)mm
質   量 -□1-00 形 ; 約 2.8 kg (ケーブル含まず)
-□2-00 形 ; 約 3.2 kg (ケーブル含まず)

詳細資料

Get Adobe Reader®PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader」が必要です。
「Adobe Reader」はアドビ システムズ株式会社のサイトより、無償で配布されています。