ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

横河マニュファクチャリング株式会社

GLOBAL TOP

CLOSE

jp-ymg

将来に向けた取り組み

環境管理活動の中期到達点を定めた環境自主行動計画を毎年度作成し、全社一丸となって取り組んでいきます。

2018年度までの環境自主行動計画

  1. 法規制等の順守
    環境にかかわる法律、規則、協定及び業界の指針等を順守し、自主管理方法の強化を図りながら、管理の向上を図ります。
  2. 資源循環型経営の推進
    1) 省エネルギー
         エネルギーのCO2換算排出量を原単位当り、前年度比1%の削減を目指します。
    2) 廃棄物削減
         廃棄物発生量を売上原単位当り、前年度比1%の削減を目指します。
    3) 省資源
         製造部署を持つサイトは毎年度、省資源に資する製造ライン・設備のグリーン推進活動を実践します。
  3. 環境汚染物質の削減とRoHS指令対応
    鉛フリー化設備導入の水平展開を図ると共に、要求される製品の鉛フリーはんだへ移行を推進します。
    RoHS指令およびREACH規則の対応
    ・トルエン・キシレンの継続的な削減や、六価クロムフリーの代替技術の確立を目指します。
  4. グリーン調達の推進
    調達先の協力を得ながら、環境負荷の少ない資材、部品、製品等を調達します。
  5. 社会への環境貢献
    自然保護活動、社会活動、地域活動など、社会貢献活動に積極的に参加します。
  6. 環境情報の開示
    環境方針及び地球環境保全活動の情報を開示し、広く社会とのコミュニケーションを図ります。
    環境情報を社内に公開し、活動の活性化を図ります。
  7. 継続的な環境改善
    保有する環境施設・設備に対して、継続的に環境リスク軽減対策を実施します。
    本来業務における、環境に有益な環境側面の活動を継続的に推進します。