ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



CA700 圧力キャリブレータ

アプリケーション

多様なアプリケーションに対応

mark 差圧・圧力伝送器のフィールド校正

圧力伝送器の校正作業では入出力値を正確に計測し誤差率を求める必要があります。
CA700では圧力・電流の入出力値を高確度に計測できる性能に加え、校正手順が内蔵されており、手順に沿った操作により確実な校正作業をサポートします。

差圧・圧力伝送器のフィールド校正

mark圧力伝送器のフィールド校正

圧力伝送器の校正作業では入出力値を正確に計測し誤差率を求める必要があります。
CA700では圧力・電流の入出力値を高確度に計測できる性能に加え校正手順が内蔵されており手順に沿った操作により確実な校正作業をサポートします。
また外部圧力センサーPM100をCA700に接続することで16MPaまでの高圧域の校正が可能です。



圧力伝送器のフィールド校正

mark 圧力スイッチテスト

圧力スイッチの試験では接点が開いた時、閉じた時の圧力とデッドバンド、接点が閉じた時の抵抗値を測定します。
試験手順が内蔵されており手順に沿った操作により試験が可能となっております。

圧力スイッチテスト

mark 電空変換器の動作確認・入出力調整

電空変換器の入出力調整ではスパンの0,25,50,75,100%の電流を上昇および下降方向に加えて検査します。
CA700では4-20mA信号のステップ発生機能に加え発生圧力を、高確度に計測できる為信頼性の高い試験が可能です。

電空変換器の動作確認・入出力調整

mark 20mA SIMULATE
(2線式伝送器シミュレータ)

CA700では計装機器の外部電圧発生源(ディストリビュータ)から設定に応じた電流を吸い込む(SINK)ことで伝送器シミュレータとしてループテストが可能です。4-20mA発生を0.015%rdgの高確度で実現します。

2線式伝送器シミュレータ

mark 2線式伝送器ループチェック

伝送器電源DC24Vを供給しながらDCmA信号を計測します。
ゼロ点の確認等、DCmA信号計測を0.015%rdgの高確度で実現します。
また250Ω通信抵抗を内蔵(HART/BRAIN通信に対応)しており、ハンディターミナル接続時に250Ω外付け抵抗の必要がありません。

2線式伝送器ループチェック

mark レコーダ・コントローラの
入力指示確認・調整

DC1-5V、4-20mA計装信号を0.015%rdgの高確度発生により計装ループの試験や機器の動作、指示確認が可能です。
またリニアスイープ/ステップスイープの2種の発生パターンが選択可能となっています。
(スイープの時間15/30/45/60sec から設定可能)

入力指示確認・調整

mark FieldMateとCA700による差圧・圧力伝送器の管理

FieldMateは、PC上で動作する機器調整・設定・管理ソフトウェアです。フィールド機器の設定や診断、機器情報の管理に加えCA700で測定・記録した校正データをFieldMateの機器保全情報として登録ができます。CSV形式で保存された校正データは表計算ソフトウェアで帳票作成やグラフ化が行えます。FieldMateとCA700により効率的なフィールド機器の管理をサポートします。


関連製品:

FieldMateとCA700