ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



Datum-Y付属ソフトウェア[D-TOOL]

主な機能

  • 「Datum-Y」 で記録したバイナリ形式の測定データファイルを読み込み、波形表示。
  • バイナリ形式のデータファイルをCSV形式のデータファイルとして保存。
  • グラフ画面をクリップボードにコピー。
  • バイナリ形式のデータファイルを分割。

*各詳細操作については、インストール後 Readme ファイルを参照してください。


動作環境

OS : 日本語 Windows XP Home Edition SP1 以降
日本語 Windows XP Professional SP1 以降
日本語 Windows Vista 32bit (Home Basic, Home Premium, Business, Ultimate)
日本語 Windows 7 32bit/64bit (Home Premium, Professional, Ultimate)
パソコン : PC-AT互換機(DOS/V機)
CRT : 1024×768ピクセル以上

* Windowsは、米国Microsoft社の登録商標です。


更新履歴

更新時期 バージョン バージョンアップ内容
2011年9月 2.03
Windows7 に対応しました。
弊社共通USBドライバ (YKMUSB) に対応しました。
※ ご注意 : 本バージョン以降のD-TOOLでは、Datum-Y専用USBドライバが使用できません。
新たに共通USBドライバ(YKMUSB)をインストールしてください。
2010年12月 2.02a 日本語版以外のOSへのインストールで、インストールに失敗する場合があり、インストーラを変更しました。
※アプリケーションソフト自体は2.02から変更ありません。
2009年07月 2.02 Windows Vista に対応しました。
2007年05月 2.00 本体の機能追加に対応しました。

ソフトウェアのダウンロード方法

  1. Downloadボタンを押してアーカイブファイルをダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、中に含まれているインストールマニュアルに従ってソフトウェアをインストールしてください。
  3. 共通USBドライバをお持ちでない方は、下記からダウンロードして下さい。

    USBドライバは→こちら

Datum-Y専用USBドライバ(旧 USBドライバ)をお使いの方へ

旧バージョンのD-TOOLもしくはDatum-LOGGERを、Datum-Y XL120シリーズとUSB通信経由にてお使いの方は、D-TOOL Ver. 2.03以降をご使用の前に、USBドライバを更新する必要があります。

 
旧USBドライバ Datum-Y接続表示
Datum-Y専用ドライバ(旧USBドライバ)使用時のDatum-Y接続表示(デバイスマネージャ)


● USBドライバの更新方法

PCからDatum-Yを外した状態で、こちらのページのインストール方法に従い、ドライバを新規にインストールしてください。
正常にドライバが更新されますと、接続されたDatum-Yが以下のようにデバイスマネージャに表示されます。

 
YKMUSB Datum-Y接続表示
YKMUSB USBドライバ使用時のDatum-Y接続表示(デバイスマネージャ)

● 旧Datum-Y専用USBドライバは → こちら

(このUSBドライバは、D-TOOL Ver. 2.03以降およびDatum-LOGGER Ver. 2.02以降では使用できません。)


ダウンロード