ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



PX8000用 アプリケーションソフトウエア

PowerViewerPlus 760881

特長

操作と特長



PX8000の自動認識

自動認識画面
PCと通信機能で接続されているPX8000を自動認識して情報が見れます。接続をクリックします。


PX8000のリモートコントロール

リモートコントロール画面
通信機能で接続されたPX8000の設定することができます。


PX8000の表示画面のモニタ機能

モニタ画面
設定された一定時間毎のPX8000の画面をモニタします。


波形データの測定開始

測定画面
Start/Stopボタンを押して波形データ取得を開始します。トリガ条件に従って、波形データを捕捉します。


測定後に捕捉された波形データを自動転送

自動転送画面
波形データの捕捉の後、自動的にデータが指定のフォルダに指定のファイル名で保存されます。


解析画面例

解析画面
データ解析画面の例です。
波形の他、数値、バーグラフ、ベクトル、FFT等の結果が表示されます。
捕捉された波形データを元に、PowerViewerPlus側にて数値データが毎回計算されます。


数値データの表示設定

数値表示設定画面
波形データから演算される数値データを選択できます。


波形データの表示設定

波形表示設定画面
測定した波形データの表示方法の設定が可能です。


波形データのフォーマット変換

フォーマット変換画面
測定データ(WPFバイナリ形式)のCSV形式への変換と保存が可能です。


PX8000の設定情報と測定データの保存

保存画面
データおよび設定情報の一括保存が可能です。


保存データの読込と解析

読込と解析画面
オフライン状態にて保存したデータ(WPF形式)を読み込み、解析が可能です。