ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



WT3000/WT3000E用ユーティリティソフトウェア

高調波/フリッカ測定ソフトウェア 761921

特長

電圧変動/ フリッカ測定

IEC 61000-3-3 Ed2.0およびEd3.0に準拠した、通常の電圧変動/ フリッカ測定を実行します。
相対定常電圧変化dc,最大相対電圧変化dmax,相対電圧変化がスレショルドレベルを超える時間d(t),短期間フリッカ値Pst,長期間フリッカ値Pltのすべての電圧変動/フリッカ値を算出し、あらかじめ設定された限度値と比較して総合判定します。

各画像をクリックすると拡大表示されます。

■測定判定表示

測定判定表示 dc,dmax,Tmaxもしくはd(t)の最終値をそれぞれの限度値と比較して、判定(Pass/Fail)を最終値の右側に表示します。
測定期間中に定常状態が発生しなかった場合変動状態となり、dcの測定結果はUndef(Undefine)と表示され、dcの判定はErrorと表示されます。
また、短期間フリッカ値Pst が算出され、限度値と比較して、判定(Pass/Fail)を表示します。





■測定ファンクションのトレンド表示
測定ファンクションのトレンド表示 測定データのトレンドグラフを表示できます。
測定ファンクションは以下から選択できます。
  • dc相対定常電圧変化
  • dmax最大相対電圧変化
  • Tmaxもしくはd(t)相対電圧変化がスレショルドレベルを超える時間
  • idc瞬時相対定常電圧変化
  • idmax瞬時最大相対電圧変化
  • id(t)瞬時相対電圧変化がスレショルドレベルを超える時間
  • PF瞬時フリッカ感(IFS)

■CPFグラフの表示

CPFグラフの表示 電圧変動/フリッカ測定のときにCPFグラフを表示できます。
最大4つのエレメントを同時に表示できます。




■報告書の印刷

報告書の印刷 報告書のタイトル/コメントなどを入力して報告書を印刷できます。