ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



WT3000/WT3000E用ユーティリティソフトウェア

高調波/フリッカ測定ソフトウェア 761921

特長

高調波規格に適合した測定を可能にするPCソフトウェア

規格に沿ったクラス分け(A, B, C, D)に合わせて、高調波の合否判定ができます。
測定値のリスト表示だけでなく、高調波成分ごとに測定値と規格の限度値を比較できるバーグラフ表示や、
時間経過に伴う電流変動グラフ、そのときの次数ごとの合否の判別を色で識別できる判定グラフも表示できます。

~ソフトウェアの主な機能~

■3つの測定モード(オンラインモード時)
  • 高調波測定モード※1
    WTで高調波を測定しながら、測定データの判定ができます。
    ※1:オフラインモードでも保存している測定データを読み込み、表示できます。

  • 高調波観測モード
    WTで高調波を測定しながら、高調波の変動をバーグラフや数値リストで観測できます。
    高調波データの変化を観測したいときはこのモードにして下さい。

  • 波形観測モード
    測定波形を観測できます。波形の状態を観測したいときはこのモードにして下さい。

■クラス別の判定
A, B, C, Dクラス別判定※2が可能です。
電流値が最大許容高調波電流値の限度値内(または電力比例限度値内)か判定できます。


■高調波電流を連続測定
設定した時間の高調波電流を測定できます。その結果が限度値内かどうかの判定※2ができます。

■測定データの再現性
高調波測定データの中の最大値や平均値を比較し、測定データの差異を保存されている次数ごとにバーグラフと数値で表示できます。
規格で定められている5%以内であるかどうか(再現性)を判定※2できます。
 
各画像をクリックすると拡大表示されます。


高調波電流測定値リスト
基本周波数10/12周期、あるいは16周期ごとの高調波測定データを、高調波測定1回分のデータとして表示します。
トレンドグラフ
電圧、電流、電力などの時間的変動を保存し表示できます。
測定値リスト表示

高調波の電流変動グラフ

高調波電流バーグラフ
高調波データに対して規格の限度値内かどうかを判定し、その結果をバーグラフ表示できます。判定結果は赤色や青色など色別して表示されます。※2
  測定値判定グラフ
設定された観測時間の高調波電流を測定し、規格に沿った判定をします。判定結果をPASS(合格)/FAIL(不合格)で表示します。 ※2
バーグラフ判定表示

  時系列、次数別測定値判定グラフ

波形判定結果
クラスCの機器において、3次と5次の高調波成分の値、および電流波形から判定を選択した場合、波形判定の結果を表示します。
  簡易試験法結果
機器のわずかな設計変更等の際に実施できる簡易試験法に関して、前回適合時と今回試験との比較の表示を行います。
波形観測

  波形観測



※高調波/フリッカ測定ソフトウェア 761921は、国内JISのC 61000-3-2:2011に対応しています。
 
◆高調波測定結果の報告書を自動作成
 高調波測定の結果を数値リストとグラフで印刷したり、画像のイメージデータを保存できます。
 報告書(日本語、英語に対応)にはタイトルとコメントを記入できるので、測定日時や機器名称、管理番号などを入力できます。

 報告書イメージは→こちら