ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



WT3000/WT3000E用ユーティリティソフトウェア

高調波/フリッカ測定ソフトウェア 761921

体験版(WT3000/WT3000E用)

高調波測定ソフトウェアの機能、操作をご確認いただける体験版ソフトウェアをご用意しました。

体験版の試用期間は1ヶ月です。製品版のすべての機能がお使いいただけます。
体験版をインストールしてから試用期限が過ぎると、ソフトウェアを使用できません。
また、再インストールもできません。
(試用期限が過ぎて、体験版を再インストールするとエラーが表示され、 インストールを中止します。
引き続き本ソフトウェアをお使いいただく場合は、製品版をお求めください。)
WT2010/WT2030/WT1600は販売終了となったため、本ソフトウェアの各種サポートも終了となりました。
ご了承ください。

高調波測定ソフトウェアに必要なシステム環境

● システム構成
 PC 本体

CPU 2コア以上のプロセッサ
メモリー 2GB以上推奨
HDD 空き容量10GB以上
OS(オペレーティングシステム)
 
日本語版のWindows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、またはWindows 10が必要です。

● 通信ボード(以下の併用はできません)
 GP-IB:
  NI( ナショナルインスツルメンツ) 社製

  • PCI-GPIB およびPCI-GPIB+
  • PCIe-GPIB およびPCIe-GPIB+
  • GPIB-USB-HSおよびGPIB-USB-HS+
OS
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1
Windows 10
ドライバNI-488.2のバージョン
PCI-GPIB 2.7.2以降 3.1.0以降 15.5.0以降
PCI-GPIB+
PCIe-GPIB
PCIe-GPIB+
GPIB-USB-HS 2.8.1以降
GPIB-USB-HS+ 14.0以降

イーサネット(Ethernet):
  10BASE-T、100BASE-TX、または1000BASE-T 対応のイーサネットポート

● ディスプレイ、プリンタ、マウス
  ディスプレイの画像解像度:1366×768ドット以上
  ディスクドライブ:CD-Rを再生できるもの。

● 対応OS
  上記のOSに対応したもの。

● 使用可能な電力計
  WT3000
  Ver. 3.01以降(高調波測定)
  Ver. 4.01以降(電圧変動/フリッカ測定)

  WT3000E
  Ver. 6.11以降


WT3000のバージョンアップは → こちら から行えます。

体験版ソフトウェアの起動

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
    ダウンロードしたファイルと同じ名前のフォルダーができます。
  2. フォルダーの中にあるSetup.exe をダブルクリックします。インストーラが起動します。
  3. 画面の指示に従いインストールを進めます。体験版ソフトウェアのインストール先は、デフォルトのままにしておいてください。
  4. インストール完了後、STARTメニューから
    →プログラム→Yokogawa →IEC61000 Analysis→IEC61000 を選択して、体験版ソフトウェアを起動します。

ダウンロード

  • 本ソフトウェアの使用方法、電力計との接線、設定方法につきましては、本ソフトウェアをOff-lineで起動し、Help機能のHelp Topics(Onlineマニュアル)をご参照ください。