ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



マルチフィールドテスタ OTDR

AQ1200

特長

波長・用途により7モデルをラインアップ

AQ1200A 1310/1550nm 現用光波長に対応したスタンダードモデルです。
敷設から保守まで幅広い用途に適用できます。
AQ1200B 1625nm 保守用波長に対応したモデルです。
現用光と異なる波長を使用することで、サービスに与える影響を最小限に抑えます*。
また、現用光波長カットフィルタを内蔵しているので、現用光の影響を受けずに測定することができます。
AQ1200C 1650nm
AQ1200E 1310/1550nm
1625nm
2つの測定ポートをもつ3波長モデルです。一方のポートは現用光の2波長で、もう一方のポートは現用光カットフィルタを内蔵した保守用波長です。
そのためインストールとメンテナンスの両方のアプリケーションでの使用に最適です。
AQ1205A 1310/1550nm スプリッタを超えたトレースを正確に測ることが出来る高ダイナミックレンジモデルです。多分岐PONのスプリッタ段差の後ろも測定することができます。 
AQ1205E 1310/1550nm
1625nm
2つの測定ポートをもつ3波長の高ダイナミックレンジモデルです。
一方のポートは現用光の2波長で、もう一方のポートは現用光カットフィルタを内蔵した保守用波長で、インストールとメンテナンスの両方のアプリケーションでの使用に最適です。
また、高ダイナミックレンジにより多分岐PONのスプリッタ段差の後ろも正確に測定 することができます。
AQ1205F 1310/1550nm
1650nm
*実際の測定時には、測定回線に測定波長カットフィルタを実装するなどして、測定信号が通信に影響を与えないことを確認したうえでご使用ください。

PONシステム測定に最適化

FTTH(Fiber To The Home)に適用されるPON(Passive Optical Network)システムでは、スプリッタ分岐後のドロップケーブルで発生した障害をいかに素早く正確に探索し、修復するかが重要になります。
AQ1200 MFT-OTDRは、スプリッタを含むPON回線の測定に最適化した「PON測定モード」に対応*。
スプリッタでの大きな損失直後でも、アンダーシュートを抑えた高品位な波形品質を確保しています。
また、近接するコネクタを波形上で分離して表示できる最短間隔は、0.8m。FTTxや屋内・局内配線など、近接するコネクタ接続点の検出が可能です。


スプリッタ測定例

ページのトップへ