ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



マルチフィールドテスタ 1G/10Gb Ethernet

AQ1300シリーズ

特長

1G/10Gビットイーサネット回線 開通・保守 試験用 ハンディテスタ

世界最小クラス 10GbE テスタ (AQ1300)

AQ1300は、10GbE対応ハンドヘルド型テスタとして世界最小クラスのコンパクトな筐体を実現。
フィールドでの作業において抜群の機動性を発揮するとともに、作業者の負荷を軽減し、安全で効率のよい作業を実現します。


  • A5サイズ(プロテクタ含む)
  • フィールドユースを意識した持ちやすく堅牢なボディ
  • 軽量 (約1.3kg) で携行時、手持ち作業時の負荷を軽減

フィールド試験で必要な機能を1 台に集約

フィールドでのパフォーマンステストで求められる機能をコンパクトな筐体に集約しました。
作業時間や作業環境に制約のあるフィールドで、効率よく作業するために最適化した機能を実装しています。


  • 10M~1G(AQ1301)・10M~10G(AQ1300)の光/電気測定ポートを標準装備
  • 光パワーメータを実装可能(工場出荷時オプション:AQ1300のみ)
  • スループット試験・遅延時間測定・ビットエラーレート試験・PING試験など、イーサネットのパフォーマンス評価で求められる試験機能を網羅

開通・保守試験で必要な機能を1 台に集約

イーサネットインタフェースを実装する各種装置やサービス、ネットワークシステムのパフォーマンスを評価します。ネットワークシステムやサービスが、所定の品質や機能を満足しているか、障害が発生した際、それがどこでどのように発生しているか、などを効率よく正確に検証することができます。


  • AQ1301:10M~1G/AQ1300:10M~10G
  • 試験レイヤ:L2/L3-IPv4/L3-IPv6
  • おもな試験項目
    スループット/フレームロス/遅延時間/エラーフレーム/クラス別スループット(QoS)/BERT(ビットエラーレート)/PING
  • L2/L3ループバック機能に対応
  • Pass/Fail判定機能
遅延時間測定機能

開通試験をより効率よく、より確実に

開通試験のような定型的な作業では、作業効率のよさはもちろん、どのようなスキルレベルの作業者が試験しても、正しい手順や設定で適切な試験を行うことが求められます。
あらかじめ本体に保存した設定ファイルによる自動試験が可能ですので、安定的な作業品質の実現を支援します。


  • オート:設定ファイルを選択・実行するだけで自動測定、測定結果自動保存
  • オートリモート:対向する2台がマスタ - スレーブとして連動して対向自動試験
  • リモートコントロール:PCからGUIによる遠隔制御

強力な障害解析機能

開通試験だけでなく、障害発生時の障害解析は、フィールドテストでの重要な要件です。
より正確なトラブルシュートのため、ユーザトラフィック環境を再現する豊富な機能を実装しています。


  • 実トラフィック環境を再現する多彩なテストフレーム生成機能
  • フレーム長可変試験、フィールド値可変試験、過負荷試験、バーストトラフィック試験、複数フロー試験など
  • 充実の物理レイヤ解析機能

直感的で快適なGUI

必要な情報 (設定状態や、設定項目) が、ひと目で確認できる画面構成と、統一された操作系でストレスのない操作感を実現。


  • 本体正面右サイドに集中配置したロータリノブとメニューキー、操作ボタンにより片手で操作可能
  • 開通・保守試験の実作業を想定して最適化された操作系

日本語表示 & 大型LCD

日本語表示なので、作業者がストレスを感じることなく使用可能です。
作業効率が向上し、また操作ミスや作業ミスも低減します。


  • 日本語表示でオペレータの負荷を軽減
  • 見やすい大画面カラーLCD(5.7インチ、640×480ドット)

ページのトップへ