ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ATTNモジュール

AQ2200-312

概要

低挿入損失を実現、小型・軽量光可変減衰器

1200~1700nmの波長域で、高精度に光出力を調整可能な光可変減衰器です。0~60dBまでの広い減衰量レンジにおいて、0.001dBステップで変えることができます。
また、光システム試験において光可変減衰器に求められる低挿入損失、低偏波依存性、高反射減衰量を実現しました。

ATTNモジュール AQ2200-312


低挿入損失:1.0dB (typ.)
低偏波依存性:0.1dBp-p以下(SMFモデル)
広い減衰量レンジ:
0~60dB(0.001dBステップ、SMFモデル)
SMF(10/125µm)、またはMMF(50/125µm, 62.5/125µm)に対応
モニター出力(オプション)

*AQ2200-312は、AQ2200-311Aの後継機種です。


AQ2200シリーズTop  |  モジュール一覧