ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



光波長計

AQ6150シリーズ

特長

優れた波長測定性能

モデルと波長確度

±0.3pmの高波長確度
AQ6150シリーズには、2つのモデルがあります。高確度モデルAQ6151は、最も厳しい確度要件を満たすために±0.3pmの確度を提供します。標準確度モデルAQ6150は、AQ6151の高確度を必要としないアプリケーションに±1pmの確度をより手頃な価格で提供します。
内蔵された波長基準光源の非常に安定した光波長を基準とするリアルタイム補正により、AQ6150シリーズは長期にわたる高い波長測定性能を実現します。


最大1024波長を一括測定
AQ6150シリーズは、最小5GHzの分離分解能で、1入力あたり最大1024波長まで同時に高速かつ正確に測定することができます。したがって、現在だけでなく将来のWDM伝送システムの開発や生産の測定ニーズにも対応できます。
この多波長一括測定の能力は、光デバイスの生産においても生産の効率化やコスト削減に貢献します。たとえば、複数の光デバイスを合波して測定することで、時間当たりの測定デバイス数が増し、生産スループットが向上します。また、測定システムの合理化により設備費や内蔵光源の交換費用などの維持費の削減が期待できます。


変調光やフィルタの測定に対応
光伝送システムや光トランシーバから出力される10Gbpsや40Gbps、更には100Gbpsで変調された光信号は広帯域なスペクトル幅であるため、光スペクトラム解析を行わない単一波長用光波長計では正確な測定が困難です。AQ6150シリーズは一般的なCW光測定モードに加え光スペクトラム解析を行う変調光モードを備えており、変調信号など広帯域な光信号の中心波長を正確に測定することができます。また、この変調光モードは、AWGなどのフィルタの中心波長測定にも使用できます。


低い入力パワーでも高性能を維持
自動利得制御機能の搭載により、AQ6150シリーズは入力パワーに応じて自動的に電気増幅回路のゲインを調整します。したがって、-40dBmの低い入力信号でも、波長確度や測定速度を最大限に高めます。

ページのトップへ