ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



光波長計

AQ6150シリーズ

ソフトウェア

AQ6150シリーズファームウェアバージョンについて

以下の本体機能については、表中の本体バージョン以降で対応しています。
それ以前のバージョンでは、各機能およびモジュールをお使いいただくことができません。
お手持ちの製品のバージョンが古い場合は、下記のダウンロードサービスにて最新のファームウェアを入手し、 インストールしてください。
なお、ダウンロードにはユーザー登録が必要です。

ファームウェアバージョンの確認方法

  • 電源投入後、SYSTEMを押します。システムに関するメニューが表示されます。
  • SYSTEM INFORMATIONのソフトキーを押します。ソフトウェアバージョンが表示されます。

本体機能

仕様コード 追加・修正機能 対応ファームウェア
バージョン
標準
  • CSVファイルに保存するロギング機能の時間データ分解能を向上
    (0.1s→0.001s)
  • 内蔵基準光源のセルフチェック・シーケンスを改善
R01.08
標準
  • 通信プロトコル VXI-11に対応
R01.07
標準
  • グリッド表示モード追加
  • WDM (OSNR) 解析機能追加
  • ファンクションキーの日本語表示機能
R01.06
標準
  • ロギング機能のファイル保存桁数を向上
    (例:1551.5818nm→1551.58175nm)
  • リモートコマンドの動作改善
R01.05
標準
  • データロギング機能追加
  • GP-IBデータ転送の高速化
R01.04

AQ6150シリーズファームウェアダウンロード <ユーザ限定>

ページのトップへ