ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



光スペクトラムアナライザ

AQ6370D

機能

新機能

■データロギング機能

WDM信号の解析結果(各チャネルのピークレベル/波長/OSNR)やDFB-LD解析の結果をチャネルあたり最大10,000ポイント保存します。記録したデータは表とグラフで表示します。本機能は長期安定性試験や温度サイクル試験に使用できます。また、測定した全てのスペクトラムデータを保存していますので、不具合発生時のスペクトラム確認も可能となり、トラブルシューティングに活用できます。

自動測定システム

■拡張マーカ機能

スペクトラム波形上のマーカ点のパワー密度と積分値を算出します。本機能により、無変調光/変調光に関わらず、OSNRが簡単に求められます。

自動測定システム

■ゲート・サンプリング機能

伝送システムの周回実験に使用します。AQ6370Dは外部ゲート信号を用いて特定ループの信号を測定します。従来の外部トリガ信号やサンプルイネーブル信号による測定より、高速で測定が可能となります。

■分解能校正機能

外部光源を使用し透過雑音帯域幅を校正する機能です。ASEやSC光源などの広帯域なスペクトラムのパワー密度をより正確に測定できます。