ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



光スペクトラムアナライザ

AQ6373B

機能

新機能

  • データロギング機能
    DFB-LD解析やマルチピーク測定値を最大10,000ポイント記録します。記録したデータは表およびグラフで表示することができます。長期的安定性試験や装置の温度サイクル試験に使用できます。

  • 拡張マーカ機能
    マーカ点のパワー密度と積分値を算出します。

高性能を維持する機能

  • アライメント機能
    内蔵校正用光源を使用して、移動時などの振動や衝撃による光軸ずれを自動補正します。
    → アライアメント光源:アライアメントのみに使用可能


  • 波長校正機能
    外部光源を用いて波長校正を行い波長ずれを自動補正します。
    注) アライメントや波長校正で補正できない場合もあります。
    定期校正は別途必要となります。

抜群の操作性

  • トレース・ズーミング (波形拡大・縮小機能)
    • 測定した波形の波長軸の表示条件(表示波長範囲や中心波長など)をマウスのクリック&ドラッグで任意に設定
    • 見たい範囲を瞬時に拡大、表示位置シフトもマウスで自由自在
    • 表示条件を変更しても、再測定の必要がありません

  • トレース・ズーミング

  • マウス&キーボード操作
    • 多くのユーザーより「使い方が簡単」と好評のパネルキー配置とメニュー構造を継承
    • USBマウスでさらに簡単操作
    • ラベルやファイル名はUSBキーボードで入力可能

  • 変更する項目を直接選択
    変更項目を直接選択

    スクリーンに表示される
    キーで直接パラメータ入力
    直接パラメータ入力

豊富な解析機能

7つの独立トレース

  • 7つの独立トレース
    • 複数トレース同時表示
    • 差分演算などのトレース間演算機能
    • 最大・最小値記憶 (Max/Min hold)
  • スペクトル解析機能
    代表的な12種類の解析機能を標準搭載
    • 搭載解析機能
      • スペクトル幅解析
      • OSNR解析
      • DFB-LD解析
      • FP-LD解析
      • LED解析
      • SMSR解析
      • 光パワー解析
      • 各種フィルタ解析
      • 色度図解析

自動測定システムの構築サポート

小規模なシステム構築をサポート


  • プログラム機能
    • 外部コントローラ不要
    • プログラムは、実際のキー操作やパラメータを設定する感覚で簡単に作成
    • リモートインターフェースを介して、外部機器の制御も可能

外部コントローラによる自動テストシステム構築をサポート


  • 高速リモートインタフェース
    • GP-IB、RS-232、イーサネット(10/100BASE)を標準装備
    • 高速な測定、コマンドレスポンスとデータ転送能力により、自動テストシステムの試験時間短縮に大きく寄与します。
  • ファイル転送機能

  • SCPI 互換コマンド(標準)
    標準リモートコマンドは、IEEE-488.2に適合したStandard Commands for Programmable Instruments (SCPI)に準拠しています。

  • AQ6317シリーズ・コマンドにも対応
    弊社ベストセラー光スペクトラムアナライザはAQ6317シリーズやAQ6315に使用される横河独自のリモートコマンドに対応したコマンドモードを装備、既存のテスト環境のグレードアップをサポートします。
    注)対象機種の仕様と機能の関係により、いくつかのコマンドは互換性をもたない場合があります。

  • LabVIEW® ドライバの提供

ページのトップへ

容易な測定データ管理

USBストレージ

サムネイル表示

光コネクタ

  • USBストレージ
    大容量のUSBメモリやハードディスクにも対応。

  • 512MB以上の内蔵メモリ
    20,000以上の測定データを保存可能。

  • 全トレース一括保存・再生機能搭
    全トレースの保存と再生が1ファイルで行なえます。

USBポート

USBポート

ページのトップへ