ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



光スペクトラムアナライザ

AQ6374

特長

世界最高クラスの光学性能

  • 波長範囲:350~1750nm
    • 可視光から光通信波長の広い波長範囲を1台でカバーします。
      多種多様なデバイスの評価に使用できます。

  • 波長分解能設定:0.05~10nm
    • DFB-LDやVCSELなどの発光スペクトル測定や光ファイバーの波長損失特性など、幅広い用途にご使用いただけます。

  • 広い測定レベルレンジ:+20~-80dBm
    • ハイパワー信号測定から微弱光測定まで、アプリケーションや測定スピードなどの条件に応じて、7段階の中から適切な測定感度設定を選択できます。

  • フリースペース入力
    • シングルモードファイバやマルチモードファイバだけではなく、800µmの大口径ファイバを使用できます。

  • パージ機構
    • 1380nm付近の波長領域では、水蒸気の影響により強い光吸収が見られ、測定の妨げとなる場合があります。
      AQ6374は、背面に設けた給排気口よりモノクロメータ内部に窒素などのパージガスを連続的に供給することで、水蒸気の光吸収が測定へ及ぼす影響を低減できます。

  • 高次回折光カットフィルター内蔵
    • 測定波長帯域に応じて不要次数の重なりを除去するための光フィルターが自動的に設定されます。

優れた測定スループット

  • 高速スペクトル測定
    先進のモノクロメータ技術や高速な電気回路、独自のノイズ低減技術により、高速スペクトル測定を実現。
    レーザ光などの急峻な立ち上がりのあるスペクトラムや微弱信号などの測定で威力を発揮します。


  • 波長サンプル数:100001
    波長サンプル数を倍増しました。高い分解能を保ったまま、より広い波長範囲を一括測定できます。
    データポイント数の不足に起因する波長分解能の著しい低下や非効率な波長範囲の分割測定などの問題を解決し、測定をより高精度化・効率化します。