ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



OTDR

AQ7280 (光パルス試験器)

特長

マルチタッチ対応の大型LCDとハードキー

マルチタッチ対応の大型LCDとハードキー

マルチタッチ対応の8.4型の大型LCDは、スマートフォンのような直感的な操作とショートカットを利用し効率よく作業できます。画面上のメニューや設定表示をスライドさせ波形表示エリアを拡大できるため、局内などで床上にOTDRを置いて測定している場合でも立ったまま容易に波形を確認できます。
また、OTDRとして洗練されたハードウェアキーによる既存の操作系も継承しています。

スマートマッパー機能

スマートマッパー機能

一回の操作で自動的に複数回の測定を行い、測定結果を合成してネットワーク上のイベントをアイコン図形でマップ表示します。波形表示ではなくマップ表示のため、熟練作業者でなくても複雑な線路の構成を容易に理解することができ、しきい値を設定することで測定結果の合否を自動判定することもできます。
また、マップ表示の基となる複数の測定波形を確認することもできます。

※本機能を利用するためにはAQ7280本体の/SMPオプションが必要です。

多心ファイバー測定機能

多心ファイバー測定機能

多心ファイバーの測定前に、心線の測定条件をテーブル化したプロジェクトファイルを作成します。測定時には、OTDR測定/LOSS測定/ファイバー端面画像をテーブル化されたプロジェクトファイルの心線番号に保存することができます。心線番号の選択を自由に行えるので測定順序を選びません。
測定終了した心線番号にはチェックマークが付き、測定ずみの心線番号を選択すると保存されたデータを簡単にプレビュー画面で確認することができます。これにより測定ミスや確認もれをなくし、現場での作業時間を大幅に短縮できます。
また、AQ7932 OTDRエミュレーションソフトウェアの多心ファイバー測定エディタを使用するとPC上でプロジェクトファイルを簡単に作成できます。


機能 ご紹介ビデオ
Video Tour

複数機能の同時使用

複数機能の同時使用

OTDR、光パワーメータ、可視光源、光ファイバー検査プローブ等の複数の機能を同時に使用することができます。OTDR測定中に別の光ファイバーの光パワーを測定したり、次の測定ファイバーの端面状態を確認でき、測定待ち時間の無駄がなくなり作業効率が上がります。

高速起動

電源投入から10秒以内で起動します。これにより、現場に到着後すばやく測定を開始できます。また、OTDRユニット/OPMモジュールの交換による再起動でもロスタイムが最小限に抑えられます。

リモートコントロール

リモートコントロール

USBタイプBまたはイーサネット*1インタフェースを使ってPCからOTDRをリモートコントロールできます。
リモートコントロールソフト*2を使用するとPC上にAQ7280と同じ操作画面が表示され、PCからAQ7280をリアルタイムに操作できます。
また、AQ7275やAQ1200 OTDRと共通のリモートコマンドを使用しているため、過去に作成された測定プログラムなどの資産がそのまま*3利用できます。

*1 AQ7280本体の/LANオプションが必要です。
*2 Windows対応フリーソフト
*3 モデルにより機能が異なるため修正が必要な場合があります。

データ保存とデータ転送

データ保存とデータ転送

標準内蔵メモリーには1000ファイル以上の測定データを保存することができます。
保存されたデータは、USBコネクタに接続したUSBメモリーにコピーをしたり、USBストレージ機能やイーサネットインタフェース*1を使用して直接PCにコピーすることができます。
また、内蔵のSDカードスロットにSDカード*2を装着してメモリー容量を拡張することができます。無線LAN機能付のSDカード*3を使用すればスマートフォンやタブレットの3G/LTE回線を利用したデータ転送を行えます。

*1 AQ7280本体の/LANオプションが必要です。
*2 SDHCに対応しています。
*3 動作確認機種:東芝製FlashAir™

15時間バッテリ駆動

大容量のリチウムイオンバッテリを搭載しています。通常使用*で15時間、連続測定で10時間動作するため、AC電源のない現場でも終日作業ができます。

*Telcordia GR-196-CORE Issue 2

充実したラインアップ

充実したラインアップ

脱着可能なOTDRユニットを9種類、OPM/VLSモジュールを5種類を用意しました。お客様の用途に最適な組み合わせを選択いただけます。また、必要に応じてOTDRユニットやOPM/VLSモジュールを追加購入して機能アップできます。
ユニットの脱着ネジはコイン等で回すことができ、専用工具を必要とせず現場でも簡単に交換することができます。

光ファイバー検査プローブ

光ファイバー端面の状態は測定結果に大きく影響を与えます。USBポートに接続する光ファイバー検査プローブを利用して光コネクタ端面の傷や汚れを目視確認することができます。また画像ファイルを保存することができます。
ファイバー端面検査機能*¹は、ファイバー検査プローブ*²により取得したファイバー端面データを自動的に画像解析し、キズや汚れ具合の閾値*³に基づき合否判定を行いまます。

*1本機能を利用するためにはAQ7280本体の/FSTオプションが必要です。
*2ファイバー検査プローブ(Lightel社製 DI-1000-B2)が必要です。
*3合否判定基準は、IEC61300-3-35準拠、または任意に設定した条件で行えます。