ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



DLシリーズ用ソフトウェア

MATLABツールキット 701991

概要

本製品は、DLシリーズとUSBなどの通信で接続されたパーソナルコンピュータ(PC)上のMATLAB環境で、DLシリーズからデータを取得するためのMATLAB用のプラグインソフトウェアです。
このツールキットを使用することで、MATLABへの実信号データ入力が容易になります。



動作環境の概略
MATLAB動作環境の概略

DLシリーズ波形データファイル(WDFファイル)用MEX-Functionsは、MATLABの特長である対話形式を使ってプログラミングします。
MATLABのコマンドウインドウおよび mファイル上で実行できます。


mexDLGetWaveコマンド使用例:
測定器(DL)の波形データを取得し、プロットします。
mexDLGetWaveコマンド使用例
mexDLSendコマンド使用例:
測定器(DL)にメッセージを送信し,MATLAB上から遠隔コントロールできます。また、DLからデータを受信し、MATLABの行列に格納できます。
mexDLSendコマンド使用例
mexWdfScaleDataRead
コマンド使用例:

DLシリーズのバイナリデータファイル(WDFファイル)から、指定したチャネル、ブロックの物理値データを取得し、プロットします。
mexWdfScaleDataReadコマンド使用例

【ご注意】
MATLABツールキットバージョン2.00以降、MATLAB上からDLコントロール画面を起動することは出来ません。別売ソフトウェアXviewerまたは、フリーソフトウェアXwirepullerをお使いください。


ただし、MATLAB上でDLコントロール用MEX-FunctionsやDL専用通信コマンドを使って通信しながら、同時にXviewerやXwirepullerを使用することはできません。