ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



スコープコーダ

DL350

概要

上位モデルの測定品質を継承した、バッテリ&タッチパネル搭載のフィールド向けモデル

スコープコーダ DL350

スコープコーダは、ディジタルオシロスコープの使い勝手と多チャネルデータ収集するデータレコーダを融合したモジュール方式の統合型計測器です。
DL350は、耐振動性規格JIS D1601準拠の小型軽量ボディーにスコープコーダシリーズと共通の18種類のプラグインモジュールから2つを搭載可能で、電圧、電流、加速度、ひずみ、温度、周波数、ロジックからCAN/LIN/SENTの車載バスのモニターまでの複合計測を一台で行うことができます。
AC/DC電源に加え、3時間のバッテリ駆動の3WAY電源により、車載計測からフィールドメンテナンスまで幅広く利用できます。


可搬性 A4サイズで3.9kgの小型軽量ボディー、3時間のバッテリ駆動
 
機能性 大容量高速内蔵メモリーやSDカードによる長時間記録。高度なトリガー機能で確実に信号を捕捉。
 
操作性 タッチスクリーンでの直観的な操作。スコープモードとメモリーレコーダモードの2つの操作モードを搭載。

主な特長

  • 小型軽量、バッテリ駆動、耐振動性(JIS D1601準拠)
  • 絶縁8ch(最大)+16ch ロジック入力(標準)
  • 最⾼100MS/sサンプリング、絶縁1000V電圧測定
  • 200Mポイントの内蔵高速メモリー&SDカードへの長時間連続記録
  • 用途に応じたメモリーレコーダモードとスコープモードの2つの操作モード搭載
  • ノイズ環境に強い8.4型タッチスクリーンによる直観的操作
  • 専用のアシスタントソフトウェアによる設定サポート、データバックアップ
  • 安心の3年保証
DL350 ご紹介ビデオ
Video Tour


アシスタントソフトウェア(無償)

DL350の測定データや設定ファイルを管理するソフトウェアです。
イラストベースの判りやすいデザインのボタンで、直感的かつ簡単にご使用いただけます。

主な特長
設定ファイルロード PCに保存されているDL350の設定ファイルを、DL350に直接
適用できます。
DL350のStart/Stop DL350のStart/Stop を実行できます。
バックアップ DL350に装着しているSDカードまたはUSBメモリーに保存したデータを、PCにバックアップできます。
ファイル転送 DL350とPCの間で、ファイルを双方向に転送(コピー)できます。
設定ファイル編集 PCに保存されているDL350の設定ファイルを編集できます。

詳細とダウンロードはこちら
DL350ソフトウェア

製品開発からメンテナンスまで〜スコープコーダシリーズ〜

製品の開発現場では、評価の規模や目的に応じて大小様々な測定器が使われます。
これらの測定器はそれぞれ、精度や特性、ノイズ耐性といった性能設計が異なるため、機器同士の測定データの再現性が保たれないことがあります。
DL350スコープコーダのプラグインモジュールは、同じシリーズ製品の上位機種であるDL850E、DL850EVと共通仕様になっており、測定器の違いによるデータの相違を共通モジュールを使用することで防ぐことができます。
開発段階での測定クオリティを、そのまま完成品評価、メンテナンス現場でご利用いただけます。
※⼀部モジュールを除く


スコープコーダシリーズ