ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



スコープコーダ

DL350

ソフトウェア

XWirepuller(無償)

XWirepullerは、イーサネット/USBインタフェース経由で計測器をPCからリモートコントロールするフリーソフトウェアです。
計測器本体のフロントパネルイメージ(コントロール画面)がPC画面に表示され、計測器本体のキーを操作と同様のイメージで、離れた場所にあるPC上でのマウス操作によって計測器を自由にコントロールでき、測定結果を確認できます。
(有償ソフトウェアXviewerの計測器制御とほぼ同等機能です。)


WirePuller起動例

ソフトウェア起動例


Xviewer LITE(無償)、Xviewer(有償)

DL350で測定した波形(WDFファイル)の表示、拡大、CSVファイル変換などが可能なソフトウェアです。
有償版はフリー版(LITE)の機能に加え、波形の解析が可能。
波形のパラメータや統計の自動測定や、波形合成、フィルタリング、FFT解析等の演算(オプション)をオフラインで行うことができます。

Xviewer体験版(無償)
1ヶ⽉間、Xviewerの全ての機能をご試用いただけます。


MATLABツールキット(近日対応予定)

本製品は、スコープコーダシリーズとUSBなどの通信で接続されたパーソナルコンピュータ(PC)上のMATLAB環境で、スコープコーダシリーズからデータを取得するためのMATLAB⽤のプラグインソフトウェアです。
このツールキットを使用することで、MATLABへの実信号データ入力が容易になります。


LabVIEWドライバ(無償、近日公開予定)

弊社製品をLabVIEWから制御するためのドライバです。


USBドライバ(無償)

USBでPCと接続する場合、USBドライバーもPCへインストールしてください。


本ソフトウェアは、当社の測定器で保存された波形データファイル(WDF)から、測定時などのデータを取得するためのAPI(Application Program Interface)を提供するものです。
対応製品:DL850シリーズ ファームウェア Ver 3.01以降, DL350


当社製品とPCを接続して通信を行う際に、プログラムを作成し製品のコントロールが可能です。
詳しくは、各製品の通信インタフェースユーザーズマニュアルをお読みください。
USBインタフェースを使用する場合は専用USBドライバが必要です。


NI DIAdem 用データプラグイン(無償、近日対応予定)

データ検索・読み込みから解析・レポート作成までをシームレスにサポートし、対話式に作業ができるソフトウェアNI DIAdemに、波形測定器のデータファイル (WDFファイル)を読み込ませることができます。

WDFファイル用プラグイン はDIAdem国内販売元である株式会社 共和電業様のホームページよりダウンロードできます。

NI:http://www.ni.com/diadem/ja/
共和電業:http://www.kyowa-ei.com/jpn/product/special/ni_diadem/