ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



スコープコーダ/スコープコーダビークルエディション

DL850/DL850Vシリーズ

DL850E/DL850EV ファームウエアのご利用について

DL850/DL850Vは、DL850シリーズ共通のファームウエアとして、後継機種DL850E/DL850EVの最新ファームウエアがご利用いただけます。


ダウンロードするには、事前に DL850/DL850Vのユーザ登録 及び、 T&Mお客様ID(E-mail)/パスワードが必要です。まだユーザ登録をされていない方は、DL850/DL850Vの登録をしてください。

ダウンロードは、 こちら

DL850/DL850V ファームウエア バージョンについて

以下の本体機能については、表中の本体バージョン 以降で対応しています。
それ以前のバージョンでは、各機能およびモジュールをお使いいただくことができません。
お手持ちの製品のバージョンが古い場合は、上記の DL850E/DL850EV ファームウエアのご利用についてをご覧になり、最新のファームウエアを入手し、インストールしてください。


■本体バージョンの確認方法:

MISCキー > Overviewソフトキー で表示されるオーバビュー画面の
Soft Version でご確認ください。

■本体機能

仕様
コード
内容 対応
ファーム
ウエア
バージョン
標準
  • 高速100MS/s 12ビット絶縁モジュール (720211) を追加
  • SENTモニタモジュール (720243) を追加
  • 4CH 1MS/s 16ビット絶縁モジュール (720254) を追加
  • モジュールのファームウェア更新機能を追加
  • MATLAB形式保存にテキスト形式情報付加のON/OFF選択を追加
  • GPSの「うるう秒」補正機能を追加
  • 通信コマンドに、ヒストリアベレージ結果のデータを出力するパラメータを追加
  • USBキーボードからのローマ字かな入力に対応
4.00以降
/G3
    リアルタイム演算関連
  • 三相レゾルバの関数を追加
  • 回転角度、余弦、正弦、電気角の関数にZ相反転機能を追加
  • 回転角度の関数のパルス数の設定範囲を500000までに変更
  • 周波数とレゾルバの関数にオフセット設定を追加
標準
  • 不具合修正
    バイナリ形式(.WDFファイル形式)でデータ保存時に問題が発生する場合がある不具合を修正。
3.22以降
標準
  • モバイルプリンタによるロングプリント対応
  • MATLABファイルフォーマットでのデータセーブ対応
  • 内蔵している記録媒体のSure Delete機能
  • アクションメール送信回数に「Infinite」を追加
  • 電流プローブ設定のプローブ変換比に「1A:1V」を追加
  • 表示ゾーン数で5分割が可能
  • 不具合修正。
    Ver1.01~Ver3.20において、/G2オプション無しの機器で設定値ファイル(*.SET)または波形ファイル(*.WDF)をロードすると、Math演算の設定がOffになってしまうことがある不具合を修正。
3.21以降