ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



スコープコーダ/スコープコーダビークルエディション

DL850E/DL850EVシリーズ

ソフトウェア

本ソフトウェアは、当社の測定器で保存された波形データファイル(WDF)から、測定時などのデータを取得するためのAPI(Application Program Interface)を提供するものです。
対応製品:DL850シリーズ ファームウェア Ver 3.01以降, DL350

DL850シリーズ用ライブラリ ファームウェア Ver 3.00 以前用はこちら

フリーラン測定ライブラリ

本ライブラリは、DL850E/DL850EV シリーズのフリーランモードにおける、波形データ取得のためのAPI(Application Program Interface) を提供するものです。

こちら でその詳細を紹介しています。

別売ソフトウェア

Xviewer 701992 体験版・バージョンアップ版 掲載中

  DL850E/DL850EVで測定した波形をPC上で表示、解析するソフトウェアです。波形データ(ファイル)は、SDメモリカードなどのメディアを使う以外に、USBやイーサネットインタフェースを使ってDL850E/ DL850EVからXviewerへ転送できます。PC上でのズーム表示やカーソル測定、波形パラメータ演算、CSV形 式などへのデータ変換、レポートの作成や印刷など多彩な機能をサポートしています。
波形の表示や解析だけでなく、GP-IB/USB/イーサネットインタフェースを使って、PCの画面にDL850E/DL850EV本体のフロントパネルイメージ(コントロール画面)を表示し、キー操作と同じ感覚でリモート制御することもできます。スコープコーダの制御、測定、データ転送、波形観測、波形解析の一連の作業を1つのソフトウェア上でおこなえる、コストパフォーマンスの高い統合波形解析ツールです。
(すでにご購入のお客様はhttp://www.yokogawa.com/jp-ymi/tm/F-SOFT/より無償バージョンアップができます。)


XviewerEYE New!

  XviewerEYEは、映像と波形を同期して表示できる画期的なソフトウェアです。
多チャネル・長時間測定したセンサーや機器からの波形データと、高速度カメラ(ハイスピードカメラ)で撮影した映像データを高度に同期させて同時に表示できます。


DLシリーズ用MATLAB ツールキット 701991 体験版・バージョンアップ版 掲載中

  MATLAB コントロールツールキットを用いることで、DLシリーズオシロスコープで捕捉した波形データをMATLAB上で容易に利用することができます。
MATLAB上でDLのパネル設定をコントロールしたり、DLからMATLABへデータを転送する用途で利用できます。

NI DIAdem 用データプラグイン

データ検索・読み込みから解析・レポート作成までをシームレスにサポートし、対話式に作業ができるソフトウェアNI DIAdemに、波形測定器のデータファイル (WDFファイル)を読み込ませることができます。

WDFファイル用プラグイン はDIAdem国内販売元である株式会社 共和電業様のホームページよりダウンロードできます。

アクセサリソフトウェアに関しては、こちら でその詳細を紹介しています。
また、このサイトからフリーソフトやドライバ、有償ソフトの体験版をダウンロードできます。

ページのトップへ