ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



DL9000/DL9500/DL9700シリーズ

ファームウェア

ファームウェア バージョンについて

以下の本体機能およびモジュールについては、表中の本体バージョン以降で対応しています。
それ以前のバージョンでは、各機能およびモジュールをお使いいただくことができません。
お手持ちの製品のバージョンが古い場合は、下記のダウンロードサービスにて最新のファームウェアを入手し、インストールしてください。
なお、ダウンロードにはユーザー登録が必要です。DL9000 / DL9700/DL9500
*ファームウェアは、DL9000/DL9500/DL9700シリーズ 共通です。

本体バージョンの確認方法

SYSTEMキー > Overviewソフトキー で表示されるオーバビュー画面の Soft Version でご確認ください。

本体機能

仕様
コード
追加/変更機能 対応ファーム
ウェア
バージョン
/F5,/F8 * SPI(シリアルバス)解析機能の強化
- チップセレクト(CS)信号ソースを設定しない解析に対応
- ビットサイズを可変して解析が可能
4.42以降
標準 ● EyePatternのパラメータに「Jitter2」追加 4.24以降
/F5,/F7,
/F8*
● シリアルバスオートセットアップ機能追加
● シリアルバス関連のMenuのダイアログ化
● UARTトリガ/解析/サーチ機能追加
/F7,/F8* ● LIN(V1.3/2.0)での同時解析対応
● LIN Errorサーチ機能追加
● CAN解析のStuffBit表示機能追加
/G4* ● スイッチングデバイスON/OFF 区間での演算誤差補正機能追加
標準 【DL9700/DL9500/DL9000】
● 電流プローブPBC050、PBC100の自動ゼロ調整機能追加
● メニューの半透明(Translucent)表示機能追加
● 波形パラメータ統計処理時に、イメージファイルを操作した場合に起こるパラメータ結果の異常を改善
【DL9700/DL9500】
● ロジック波形のシンボル表示機能、ロジックトリガの条件設定機能追加
● ロジック入力のI2C/SPI/LINシリアルバスのデコード結果解析表示
● 「D/A変換」演算に”2の補数”演算機能を追加
● ロジックエッジトリガをEvent Intervalで使用した場合に起こる不具合の対策
4.05以降

以前のバージョン


*:本オプションが付加されている場合の追加機能になります。


DL9000/DL9500/DL9700シリーズファームウェアダウンロード <ユーザ限定>