ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ミックスドシグナルオシロスコープ

DLM2000シリーズ Enhanced

機能

  波形表示、検索機能

ノイズ除去に最適。8kHzから200MHzまで幅広く対応したフィルタ

DLM2000シリーズは、入力回路でリアルタイムに処理されるフィルタと、演算機能によるフィルタの2種類を搭載しています。 不要な信号を除去し、必要な帯域だけを観測するのに有効です。

リアルタイムフィルタ   演算によるディジタルフィルタ
8kHzから200MHzまで14種類のローパス
フィルタが各チャネルに搭載されています。
帯域制限された波形が内部のメモリに
保持されます。

カットオフ周波数:
200MHz/100MHz/20MHz/10MHz/5MHz/
2MHz/1MHz/500kHz/250kHz/125kHz/
62.5kHz/32kHz/16kHz/8kHz
  演算機能のIIRフィルタを使って、入力波形にフィルタ処理をします。入力波形とフィルタ処理後の演算波形を同時に表示して比較することができます。ローパス、ハイパスフィルタの選択や、カットオフ周波数が任意に設定できます。

カットオフ周波数設定範囲:
0.01Hz~500MHz
内蔵フィルタによるフィルタ処理例 演算によるPWMは計のフィルタ処理例

波形のZoom、検索機能

2か所同時ズーム
DLM2000は、ズーム倍率を個別に設定できるので、時間軸スケールの違う拡大波形を2か所同時に表示することができます。
また、Auto Scroll機能を用いれば、ロングメモリで取り込んだ波形のズーム表示位置を、自動的にスクロールして、拡大位置を移動できます。
Auto Scrollは、前進、後退、早送りなど、移動速度を自由に選べます。


2カ所同時ズーム
大容量メモリだから、波形検索機能も多彩。

2種類の波形検索:

大容量メモリから必要なデータを抽出する機能がなければ、データの検索に時間を費やし、ロングメモリを有効に活用できません。DLM2000シリーズはメモリが長いだけでなく、波形の検索機能も充実しています。

1つの画面からデータを検索:ズームサーチ機能
ロングメモリに取り込んだ波形を検索し、検索点を含む波形をズームエリアに表示します。検索された波形の位置は、画面内にマーク表示されます(現在位置は▼で表示)。


波形検索の条件
エッジ/エッジ(条件付)/ステート・パターン/パルス幅/ステート幅/ シリアルバス(シリアルバス解析オプション搭載モデルのみ)

エッジでの波形検索例

ヒストリ波形を検索:ヒストリサーチ機能
過去に取り込んだ最大20,000波形の中から、条件を指定して必要な波形を抽出します。

ヒストリサーチ機能

ページのトップへ