ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ミックスドシグナルオシロスコープ

DLM2000シリーズ Enhanced

ソフトウェア

オプション追加ライセンス

DLM2000用オプション追加ライセンス 709810

ご使用中のDLM2000シリーズに、お客様ご自身でオプション機能を追加するためのライセンス製品です。
本ライセンスを適用するためには、あらかじめ本体のファームウェアを、Ver.3.00以上(※)にバージョンアップしていただく必要があります。
本ライセンス製品は4chモデルにのみ有効です。

※ -F9, -X1を適用する場合は、Ver. 3.70以上が必要です。
※ -10, -11を適用する場合は、Ver. 4.70以上が必要です。
※ -F4, -F6, -F7, -F8を適用する場合は、Ver. 5.01以上が必要です。


形名仕様コード内容
709810-G2ユーザー定義演算(4chモデルのみ)
-G3電源解析機能(4chモデルのみ)
-G4電源解析機能(G2含む)(4chモデルのみ)
-F1UARTトリガ&解析(4chモデルのみ)
-F2I²C+SPIトリガ&解析(4chモデルのみ)
-F3UART+I²C+SPIトリガ&解析(4chモデルのみ)
-F4CAN+LINトリガ&解析+CXPI解析(4chモデルのみ)
-F5FlexRayトリガ&解析(4chモデルのみ)
-F6CAN+LIN+FlexRayトリガ&解析+CXPI解析(4chモデルのみ)
-F7 CAN+CAN FD+LINトリガ&解析+CXPI解析(4chモデルのみ)
-F8 CAN+CAN FD+LIN+FlexRayトリガ&解析+CXPI解析(4chモデルのみ)
-F9 SENT解析(4chモデルのみ)
-10 PSI5解析(4chモデルのみ)
-11 SENT+PSI5解析(4chモデルのみ)
-X1 F4 → F7またはF6 → F8(CAN FD追加)

別売ソフトウェア

Xviewer 701992
  体験版・バージョンアップ版 掲載中

PC上で使用するソフトウェアです。
DLシリーズで捕捉した波形をPC上に表示/解析/波形データ(バイナリ)をアスキーデータに変換することができます。MATHオプションを付加することで、自由に演算式を設定し波形演算を実行することもできます。
最大2MワードまでのFFTの実行に対応しています。

XviewerEYE

XviewerEYEは、映像と波形を同期して表示できる画期的なソフトウェアです。
多チャネル・長時間測定したセンサーや機器からの波形データと、高速度カメラ(ハイスピードカメラ)で撮影した映像データを高度に同期させて同時に表示できます。

DLシリーズ用MATLAB ツールキット 701991
  体験版・バージョンアップ版 掲載中

MATLAB コントロールツールキットを用いることで、DLシリーズオシロスコープで捕捉した波形データをMATLAB上で容易に利用することができます。
MATLAB上でDLのパネル設定をコントロールしたり、DLからMATLABへデータを転送する用途で利用できます。

パートナー計測支援ソフトウェア

NI DIAdem

データ検索・読み込みから解析・レポート作成までをシームレスにサポートし、対話式に作業ができるソフトウェアNI DIAdemに、波形測定器のデータファイルを読み込ませることができます。

WDFファイル用プラグインはDIAdem国内販売元である株式会社 共和電業様のホームページよりダウンロードできます。

WDFファイル用プラグイン

アクセサリソフトウェアに関しては、こちら でその詳細を紹介しています。
また、このサイトからフリーソフトやドライバ、有償ソフトの体験版をダウンロードできます。

ページのトップへ