ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ミックスドシグナルオシロスコープ

DLM4000シリーズ Enhanced

機能

シリアルバス解析機能オプション(/F1〜/11)

UART(RS232) / I2C / SPI / CAN / CAN FD / LIN / FlexRay / SENT / PSI5/ New CXPI

組み込みシステムや車載用の各種シリアルバス信号でのトリガ、デコード表示解析が可能です。FlexRay/CAN/CAN FD/LIN/PSI5/CXPIを除くシリアルバスについては、ロジック入力も利用可能です。
(一部トリガ機能がサポートされない場合あり)

独自のオートセットアップ

ビットレートや電圧レベルなどの面倒な初期設定は不要。DLM4000が自動で入力信号を判断しセットアップします。

最大4バス同時解析

4系統のバスを同時に解析し、波形と対応させたデコード表示やリスト表示が可能です。速度の異なるバスが混在している場合でも、2画面Zoomで詳細に確認できます。

ズーム機能を使用して、CAN、LIN、SPI、I2Cを同時に観測

4バス同時解析、リスト表示

関連アクセサリ

差動プローブ PBDH1000 (701924)

  • 1.0GHz帯域
  • 1MΩ、約1.1pF
  • 最大差動入力電圧範囲:±25V

差動プローブ(701920)

  • DC~500MHz帯域
  • 100kΩ、約2.5pF
  • 最大差動入力電圧範囲:±12V

ロジックプローブ PBL100(701988)

  • 100MHz, 1MΩ/10pF

PBL250(701989)

  • 250MHz, 100kΩ/3pF

ページのトップへ