ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ミックスドシグナルオシロスコープ

DLM4000シリーズ Enhanced

特長

最大250Mポイント大容量メモリ(/M3オプション)

長時間測定において、サンプルレートを高速に保つためにはロングメモリが不可欠です。

〈基本式〉測定時間= メモリ長 ÷ サンプルレート

250Mポイントのメモリ(メモリ拡張オプション/M3)を搭載した場合、シングルモード4ch測定時には、サンプルレート1.25GS/sでも、最大0.2secの波形が捕捉できます。


【250Mポイントでのサンプルレートと測定時間の関係】

サンプルレート 最大測定時間
1.25GS/s 0.2s
125MS/s 2s
12.5MS/s 20s
1.25MS/s 200s
125kS/s 2,000s
62.5kS/s 5,000s

メモリ容量が不十分なオシロスコープにおいては、サンプルレートの低下により、波形を的確に捕捉できない場合があるので注意が必要です。

サンプルレートが低すぎる

サンプルレートが十分に高い

2か所同時ズーム

ズーム倍率を個別に設定できるので、時間軸スケールの違う拡大波形を2か所同時に表示することができます。

50秒間測定した波形の細部を、50ミリ秒および500マイクロ秒に拡大して観測

ズームサーチ

様々な条件にて波形を検索し、拡大して表示します。検索された波形の位置は、マーク(▽)表示されます。

ステート幅条件による検索の例

ページのトップへ