ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

横河計測株式会社

GLOBAL TOP

CLOSE


jp-ymi

ミックスドシグナルオシロスコープ

DLM4000シリーズ Enhanced

ソフトウェア

DLM4000ファームウェアバージョンについて

以下の本体機能については、表中の本体バージョン 以降で対応しています。
それ以前のバージョンでは、各機能およびモジュールをお使いいただくことができません。
お手持ちの製品のバージョンが古い場合は、下記のダウンロードサービスにて最新のファームウェアを入手し、インストールしてください。
なお、ダウンロードにはユーザー登録が必要です。

本体バージョンの確認方法

UTILITYキー > Overviewソフトキー で表示されるオーバビュー画面の Firm Version でご確認ください。

本体機能

仕様コード 追加/変更機能 対応
ファーム
ウェア
バージョン
/M3
  • M3メモリオプションで選択できるレコード長(6.25MPoints、12.5MPoints、62.5MPoints)を追加
5.22以降
/F9,/F11
  • SENTトリガ/解析において、Multiplexingに対応
/F2,/F3
  • SPI解析において、特定の条件下でデコード開始位置を誤る不具合を修正
  • I2C解析において、特定の条件下でデータ解析を1バイト多く出す不具合を修正
/F4,/F6
/F7/,F8
  • LINトリガにおいて、ID/Dataトリガ時にトリガがかからない場合がある不具合を修正
/F2, /F3
  • シリアル解析の軽微な不具合を修正
5.11以降
/F4, /F6
/F7, /F8
  • CXPI解析オプションに対応
5.01以降
  • LIN解析およびLIN拡張トリガ機能の不具合を修正
標準
  • USBメモリ互換性の向上
  • その他細かい不具合を修正

DLM4000ファームウェアダウンロード <ユーザ限定>