ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ディジタル圧力計 MT220

MT220

特長

高性能・高信頼性

当社独自のシリコンレゾナントセンサ を搭載し、高確度・高分解能と温度変化の影響を受けにくい高信頼性を両立しました。
  • 基本確度±0.02% of reading(130kPaゲージ圧モデル)
    ±0.075%クラスの最も確度が高い差圧・圧力伝送器でも、性能確認が可能です。
  • 温度の影響(ゼロ点/スパンとも):±0.001% of full scale(130kPaゲージ圧モデル)

差圧・圧力伝送器のフィールド校正作業用機能を充実

フィールドでの校正作業に便利な機能を充実させました。
  • DCV/DCA測定(出力信号の測定)
  • 24VDC出力(差圧圧力伝送器駆動用電源)
  • %誤差表示機能
  • 100VAC、12VDC、Ni-Cdバッテリの3電源方式

インタフェース機能を強化

オプションでD/A出力、コンパレータ出力、外部トリガ入力の機能を用意しました。様々な機器との組み合わせでシステム化が容易です。

  • D/A出力
    高速データ出力を実現するため、D/Aコンバータを内蔵し、アナログ出力を行えるようにしました。これにより高速な現象をオシロスコープや記録計に出力することが可能です。
  • コンパレータ出力
    測定値が、予め設定した範囲内にあるか否かを判定して出力します。圧力センサなどの製造・検査ラインにおけるGO/NO GO判定に役立ちます。
  • 外部トリガ入力
    外部からのトリガ信号により測定を開始します。コンパレータ出力と併せて、ラインの自動化に役立ちます。
D/A出力の波形観測例
D/A出力の波形観測例

YOKOGAWAのトレーサビリティ

甲府事業所内の標準器室で、標準器の確度の維持管理に注力しています。
 トレーサビリティ体系図

ページのトップへ