ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



プレシジョンパワースコープ

PX8000

概要

Precision

多くのお客様とともに培ったYOKOGAWAの高精度な電力測定技術と、長年オシロスコープの開発を支えた波形測定技術の融合により、電力測定に変革をもたらす新たな高精度電力測定器「プレシジョンパワースコープ PX8000」を開発しました。電気エネルギーを正確に測定する必要に迫られている場合には、「高精度な電力測定」と「時間軸の分解能を上げた波形測定」との両立は電力測定器の理想となります。PX8000は、相反するこの2つの命題を1台で解決へと導きます。

日々技術革新が進んでいる、効率的な電力変換や搬送システムの開発現場においては、エネルギー消費量の削減のため、より緻密な電力測定が求められています。 PX8000 は、それら電力測定に対する厳しい要求に応えるべく、以下の3つの特長を備えています。

斬新な機能─従来の電力計にはなかった、過渡的な電力測定および解析機能を搭載することで、さらなるエネルギー損失の削減やパフォーマンス向上に貢献します。

高い信頼性─高速サンプリング性能を持ちながらも、従来の電力計と同様にトレーサビリティのとれた電力測定が可能です。

ポータビリティ─従来の電力計シリーズにはないコンパクトなサイズに設計したことで、その機動性を生かして、現場での高精度測定が可能となりました。

PX8000の高速サンプリングと確度保証により、さらなる高周波化が進む今日の省エネ機器の評価に際して、最先端の測定ソリューションを提供します。


基本仕様  
電力基本確度: ±(0.1% of reading + 0.1% of range) (50/60Hz)
測定周波数帯域: DC~20MHz (-3dB、電圧、電流センサー入力)
DC~10MHz (-3dB、電流直接入力)
*電力は1MHzまで確度保証
最大レコード長: 標準 10Mポイント/CH
/M1 50Mポイント/CH
/M2 100Mポイント/CH
最高サンプリング周波数: 100MS/s
電流レンジ: 10mA~5A
電圧レンジ: 1.5V~1000V
   
主な特長
  PX8000 ご紹介ビデオ
過渡的な電圧・電流・電力を解析可能!
波形データの特定ポイントの測定(CURSOR)
サイクル毎の電力を波形演算(MATH)
カーソル間の平均値を演算可能(MEASURE)
デスキュー(位相補正)機能搭載
電流センサー用電源搭載可能(PDオプション)
Video Tour