ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



高速データアクイジションユニット

SL1000

ソフトウェア

アクイジションソフトウェア/ファームウェア バージョンについて

以下の機能については、表中のアクイジションソフトウェアバージョン、およびユニットファームウェアバージョン以降で対応しています。
それ以前のバージョンでは、各機能およびモジュールをお使いいただくことができません。
お手持ちの製品のバージョンが古い場合は、下記のダウンロードサービスにて最新のアクイジションソフトウェア、およびファームウェアを入手し、インストールしてください。
なお、ダウンロードにはユーザー登録が必要です。

アクイジションソフトウェアのバージョン確認方法

アクイジションソフトウェアを起動し、ヘルプメニュー > SL1000のバージョン情報 でご確認ください。

ファームウェアバージョンの確認方法

SL1000ユニットとPCを接続してアクイジションソフトを起動し、 環境メニュー > 自己診断 > ユニット情報タブ でご確認ください。
 

機能

仕様
コード
内容 対応バージョン
アクイジション
ソフトウェア
ファーム
ウェア
標準
  • Xviewer V1.82 同梱
  • 新モジュール(720250, 720266, 720268, 720281)対応
  • Windows 10対応
2.40以降 2.40以降
標準
  • LCD調整機能追加
  • 周波数モジュールの設定不具合修正
  • オーバーラン誤発生対応
2.32 以降 2.32 以降
標準
  • Xviewer V1.79 同梱
  • 720211 100MS/sモジュール対応
  • オーバーレンジ表示対応
  • IVIドライバ接続対応
2.30以降 2.30以降
標準
  • Xviewer V1.78 同梱
  • 一部の701250, 701251, 701255で、Slot1挿入時に動作しない場合があり改善
2.24 以降 2.24 以降

以前のバージョン

アクイジションソフトウェア/ファームウェア ダウンロード <ユーザ限定>

ページのトップへ