ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



高速データアクイジションユニット

SL1000

特長

データアクイジションユニットSL1000は、多チャネル・長時間記録のオシロスコープおよび高速スキャン・ハードディスク記録のデータロガーという2つの要素を兼ね備えています。絶縁100MS/sの測定やマルチチャネル(最大128ch)といった、従来のデータロガーやオシロスコープでは実現できない測定が可能です。

高速捕捉・高速転送・高速保存を追及し、
ハイパフォーマンスを実現したデータアクイジションユニット

メカトロニクス・エレクトロニクス分野をはじめとした高速・低速現象の複合測定において、高速サンプルレート、高電圧の絶縁測定、長時間測定などへの要求が高まっています。“もっと高速に、もっと長時間、もっと簡単に多種多チャネルのデータを測定したい”SL1000は、お客様のこのような声にお答えします。

■ 最大128chまで拡張可能

■ 高速捕捉

  • 全16チャネル同時に最高サンプルレート100MS/s、最短サンプル周期10ns
  • 100MS/s、12ビット、帯域20MHz、1kV*絶縁モジュール
  • マルチサンプルレートに対応し、同時に異なる4種のサンプルレートで測定可能

* 702902(10:1)/700929(10:1)/701947(100:1)との組み合わせ時

■ 高速転送・保存

  • USB2.0、Ethernet 1000BASE-T(オプション)でPCへ高速データ転送
  • PCモニターで高速リアルタイム表示(GIGAZoomエンジン)*
  • PCのハードディスクやSL1000の内蔵ハードディスク(オプション)にリアルタイムハードディスク記録(最高速度1.6MS/s=100kS/s×16ch)*

* PCの性能、計測条件に依存します。

■ 簡単操作

  • 簡単操作のアクイジションソフトウェアを標準添付
  • 複雑な設定なしにすぐに測定開始・直感的な操作画面
  • Setup Wizard で詳細設定をナビゲート

■ スタンドアロン使用

  • SL1000単体でデータ記録

■ 各種プラグインモジュール

  • プラグインモジュール用8スロットを装備
  • 高速100MS/s 12bit 絶縁モジュールなど13種類のスコープコーダシリーズプラグインジュールをサポート