ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



高速データアクイジションユニット

SL1000

モジュール

豊富な種類のモジュールから自由に組み合わせて、計測ニーズに合わせたシステムを構築できます。

独自の絶縁テクノロジー(特許取得済)

スコープコーダシリーズのモジュールには、特許取得済のYOKOGAWA独自技術isoPRO©高速&高耐圧絶縁テクノロジーが使われています。これは、内部で光ファイバーを用いたデータ転送を行うことで、高電圧絶縁と高速サンプリングによるデータ取り込みを同時に実現するものです。この技術が搭載されている耐ノイズ性能に優れた絶縁入力モジュールにより、高電圧、大電流、高速動作が求められる高効率インバータなど、最新の電力装置やモータの開発や現場における波形測定を、安全、効率的に行うことができます。 iSoPRO
iSoPRO photo

モジュールセレクション



注:各モジュールにプローブ類は含まれていません。
*1:電圧軸感度設定範囲、測定範囲については、詳細仕様を参照してください。
*2:プローブ700929(10:1)/702902(10:1)/701947(100:1)との組み合わせ
*3:直接入力
*4:701255: プローブ701940(10:1)との組み合わせ
*5:測定リード758933とワニ口クリップ701954との組み合わせ
*6:Class 1 Laser Product、 IEC60825-1:2007
*7:701255: DL850シリーズおよびSL1000で使用する場合、2006年8月から2007年7月までに出荷された701250と701255の一部は、有償のバージョンアップが必要
*8:測定の際、スキャナボックス701953(別売)が必要
*9:DL850EVで使用する場合は、720240、720241、720243の合計で4枚まで使用可。ただし、720240、720241は合計2枚まで。
*10:DL750、DL750P、SL1400でも使用可能
*11:1000Vrms(1000VDCまたは1414Vpeak Max.)ただし、DL850/DL850V/DL850E/DL850EVおよびSL1000で使用する場合は、850V(DC+ACpeak)