ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



高速データアクイジションユニット

SL1000

ソフトウェア

Easy to use ― Software ― 直感的な使い勝手のアクイジションソフトウェア(標準添付)

自動認識&簡単初期設定 Setup Wizard

PCに接続されたSL1000とプラグインモジュールを自動認識します。複雑な設定なしに、測定開始ボタンをクリックするだけですぐに測定を開始できます。 システム構築,測定条件,記録条件,表示の詳細設定は、Setup Wizardにより4つのウィザード画面で簡単に設定できます。もちろん、設定を保存/読み込むことも可能です。


セットアップウィザード

測定チャネルグループ分け

測定チャネルを測定条件/表示設定ごとに、それぞれ最大4つのグループに分けて定義することが可能です。グループごとに異なるサンプルレートを設定したり、異なるサンプルレートの測定チャネルを同じウィンドウに波形表示することもできます。


測定チャネルグループ分け

表形式の簡単設定画面

測定チャネルの測定条件/表示設定は表形式で設定できます。複数チャネルの一括設定,ドラッグ&ドロップ,コピー&ペースト操作で、素早く簡単に設定可能です。


表形式の簡単設定画面

ビデオレコーダのリモコンライクなコントロールボタン

ビデオレコードのリモートコントローラと同様な感覚での直感的操作が可能なコントロールボタンで、測定・記録の開始/停止の操作ができます。面倒なプログラミングは一切不要で、購入したその日からお使いいただけます。


ビデオレコーダのリモコンライクなコントロールボタン

リアルタイム波形表示・解析

波形全体や拡大波形をリアルタイムに表示*1します。測定中でも表示ホールドして過去のデータを表示可能*2。カーソル測定もリアルタイムに可能です。トリガー測定時には、波形全体と拡大波形の同時表示、最大26種の波形パラメータ測定が可能です。

*1:PCの性能、計測条件により、測定中は波形表示できるチャネル数に一部制限があります。
*2:計測条件により、表示ホールドが自動的に解除される場合があります。

ページのトップへ