ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



プレシジョンパワーアナライザ

WT1800E

特長

2種類の入力エレメント

幅広い電流入力範囲を高精度測定

50A入力エレメント 5A入力エレメント
50A入力エレメント 5A入力エレメント
50A入力エレメントと5A入力エレメントを
同一の本体に搭載できます。
1台で待機から稼働時までの幅広い測定が
可能です。
                     
電力基本確度 ±(0.05% of reading + 0.05% of range)*1
測定帯域 DC、0.1Hz~1MHz
低力率誤差 力率誤差の影響 0.07% of S*2
  (cosφ=0の時、φは電圧と電流の位相差)
温度範囲 23℃±5℃
電流レンジ  
● 直接入力 1 /2/5/10/20/50[A]*3
  10m/20m/50m/100m/200m/500m/1/2/5[A]*3
● 外部電流センサー入力 50m/100m/200m/500m/1/2/5/10[V]*3
電圧レンジ 1.5/3/6/10/15/30/60/100/150/300/600/1000[V]*3
データ更新周期 50m/100m/200m/500m/1/2/5/10/20[s]、Auto
有効入力範囲1%~110%*3
*1:レンジ等の条件があります。詳細については仕様の項をご参照ください。
*2:Sは皮相電力の読み値
*3:クレストファクタ―CF3のとき

ページのトップへ

高精度、高安定度を示す基本特性(例)


確度(% of reading)

周波数―電力確度の特性例(cosφ=1のときの電力)



コモン・モード電圧による指示値への影響の特性例

コモン・モード電圧による指示値への影響の特性例



任意の力率時の電力総合誤差

任意の力率時の電力総合誤差



ゼロ力率時の周波数

ゼロ力率時の周波数ー電力確度の特性例



ページのトップへ