ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



プレシジョンパワーアナライザ

WT3000

【 無償ソフトウェア 】

消費電力測定ソフトウエア

近年、IEC62301やErp指令Lot6などの試験方法に対応した測定要求が高まってきています。
消費電力測定ソフトウエアは、本ソフトウェアをインストールしたPCと、プレシジョンパワーアナライザWT3000*をつなげるだけで、IEC62301 Ed2.0およびErp指令Lot6の試験方法に準拠した測定が簡単にできるソフトウェアです。

*WT3000の2A/30Aの組み合わせモデルについては、お問い合わせください。

【 バージョンアップ版 / 体験版 】

高調波/フリッカ測定ソフトウエア 761921

WT3000で測定したデータをパーソナルコンピュータに取り込み、IEC61000-3-2 第4.0版, JIS C 61000-3-2:2011, IEC61000-3-3 第3.0版に準拠した高調波測定が可能な高調波/フリッカ測定ソフトウエアです。
Update

IEC61000-3-2 Ed 4.0に対応しました。(Ed3.0 A2 切替可能)
WT3000/WT3000Eおよび高調波/フリッカ測定ソフトウエア761921で対応している規格一覧

(2016年10月現在)

  限度規格番号 測定器への要求規格番号
高調波
測定
IEC 61000-3-2: Ed 3.0, Ed 3.0 A2,
IEC 61000-3-2 Ed 4.0
EN 61000-3-2: 2006/A2: 2009,
EN 61000-3-2: 2014
JIS C61000-3-2: 2011
IEC 61000-4-7 Ed 1.0, Ed 2.0 ,Ed 2.0 A1
JIS C61000-4-7: 2007
IEC 61000-3-12 Ed 1.0,
IEC 61000-3-12 Ed 2.0
EN 61000-3-12: 2005,
EN 61000-3-12: 2011
IEC 61000-4-7 Ed 1.0, Ed 2.0, Ed 2.0 A1
フリッカ/
電圧変動
IEC 61000-3-3: Ed2.0: 2008,
IEC 61000-3-3 Ed3.0: 2013
EN 61000-3-3: 2008,
EN 61000-3-3: 2013
IEC 61000-4-15 Ed 1.1: 2003,
IEC 61000-4-15 Ed 2.0: 2010,
EN 61000-4-15: 1998/A1: 2003,
EN 61000-4-15: 2011
IEC 61000-3-11 Ed 1.1: 2003
EN 61000-3-11: 2000
IEC 61000-4-15 Ed 1.1: 2003,
IEC 61000-4-15 Ed 2.0: 2010,
EN 61000-4-15: 1998/A1: 2003,
EN 61000-4-15: 2011
高調波/フリッカ測定ソフトウエア 761921-S1WT3000を使った高調波/フリッカ測定に加え、 電源(エヌエフ回路設計ブロック社製)をコントロールする便利な機能が追加されたソフトウェアです。
Update

【 バージョンアップ版 / 体験版 】

WTViewer760121は、プレシジョンパワーアナライザWT3000で測定した数値/波形データを、GP-IB、シリアル(RS-232)、イーサネット、あるいはUSB通信経由でPCに読み込み、波形数値の解析・保存ができるアプリケーションソフトウェアです。

  WT3000での
測定可能台数
FTPサーバ/
クライアント機能
 GP-IB通信 1台~4台 ×
 シリアル(RS-232)通信 1台 ×
 イーサネット通信 1台~4台 ○*
 USB通信 1台~4台 ×

*ただし、メモリ媒体(PCカードかUSBストレージ)が必要

【 無償ソフトウェア 】

LabVIEW画面

LabVIEWドライバを使ってデータ収集ができます。
LabVIEWドライバは弊社ホームページよりダウンロードできます。

【 無償ソフトウェア 】

製品とPCを接続して通信を行う際に、プログラムを作成し製品のコントロールが可能です。

【 無償ソフトウェア 】

USBインタフェースを使用して当社製品とPCで通信を行う際に必要な専用USBドライバです。
通信コマンドの確認など,おおよそ必要な送信コマンドがわかります。 また、データ収集およびデータ保存も可能ですので、簡単なデータ収集に使用可能なプログラムです。

【 無償ソフトウェア 】

プレシジョンパワーアナライザWT3000で測定したデータを、ファイルを介してパソコン上に読み込み数値データで表示し、そのデータをCSV変換して保存できます。

ページのトップへ