ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



プレシジョンパワーアナライザ

WT3000E

オプション

高度演算機能(/G6)

高度演算機能(/G6:オプション)は、インバータ評価のキャリア周波数確認に欠かせない高調波測定、インバータノイズ成分を確認できるFFT演算、電圧・電流の瞬時値を演算して電力波形を確認できる波形演算、取得したサンプリングデータをそのまま保存できる波形サンプリングデータ保存機能、および高調波フリッカ規格試験である IEC/JIS規格対応に対応した試験を実施できる機能を搭載できます。


<通常測定モード時高調波測定>
当社従来製品では同時測定ができなかった、通常測定データと高調波測定データをWT3000Eでは同時に測定できます。
WT3000Eではモード切替なしに、ひずみ率(THD)を測定でき、トータル電圧、電流とともにひずみ率を同時に確認できます。
また、入力エレメント間の位相角も演算できます。


<広帯域高調波測定モード>
0.1Hz~2.6kHzまでの高調波測定
通常測定モードの高調波測定に加え、広帯域の高調波測定が可能です。
基本周波数が数百Hzの電源や低周 波インバータの高調波測定に有効です。
本オプションを搭載すれば、高調波測定の基本波周波数0.1Hz~2.6kHz*1の範囲で最大100次まで*2の高調波測定ができます。

*1:0.1~10Hzは外部からのサンプリングクロックを使用
*2:75Hz~1kHzは50次まで,1kHz~ 2.6kHzまでは最大20次まで


国際規格、JIS規格に対応した試験が可能 <IEC高調波測定モード>
国際規格、JIS規格に対応した試験が可能
最新のIEC高調波規格で要求される、ウインドウ幅が50Hz(10波)/60Hz (12波)に対応したモードです。
高調波/フリッカ測定ソフトウエア761921を使用して、IEC 61000-3-2、IEC61000-3-12、および、国内のJIS C 61000-3-2:2005に対応できます。
また、電圧変動/フリッカ測定(/FL)を搭載すればIEC6100-3-3、IEC61000-3-11規格にも対応できます。


FFT演算モード <FFT演算モード>
高調波成分、ノイズ成分測定。より詳しく周波数分析
測定した電圧・電流波形データのFFTを、2つ同時にできます。
ノイズ測定、キャリア成分信号の確認もできます。
高分解能な1Hz分解能での表示、あるいは、更新レートを重視した10Hz分解能から選択可能。
最大100kHzまでのFFT解析ができます。


波形演算モード <波形演算モード>
瞬時電力波形を演算し表示
波形の演算を同時に2つできます。
電圧波形と電流波形を掛け算する演算式を設定すれば、
瞬時電力波形を画面上で確認できます。
※それぞれのモードを組み合わせての測定はできません。




<波形サンプリングデータ保存>
波形データを詳細に確認可能
200kサンプリングで捕捉した電圧、電流波形の全データ、およびMATH演算波形、FFT演算波形をPCカードやUSBメモリ(オプション)に保存できます。
保存する形式はCSV、WVF形式の選択ができます。

ページのトップへ