ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



プレシジョンパワーアナライザ

WT3000E

オプション

イーサネット機能(/C7)

100BASE-TXおよび10BASE-Tに準拠しており、通信経由でのデータのやり取りが可能です。
FTPサーバを使ってのファイル転送や 、FTPクライアント(ネットワークドライブ)、LPRクライアント(ネットワークプリンタ)、Eメール送信(SMTPクライアント機能)に対応します。
イーサネット機能
それぞれの工場に設置されたWT3000Eの測定データを、オフィスで一括して収集できます。
現場で測定値を読み取ったりセーブするために、オフィスと工場間を往復する必要はありません。

<電子メール送信機能>
一定間隔,あるいは指定時刻に電子メールでデータを送ることができます。
データの監視,モニタに便利です。

<ネットプリント機能>

WT3000Eの画面をネットワークプリンタに出力できます。

※WT3000Eは内蔵HDDを搭載できません。
 FTPサーバ機能は、WT3000EにPCカードあるいはUSBストレージが接続されている場合に使用可能です。

周辺機器用USBポート搭載 (/C5)

USBポート(周辺機器、タイプAコネクタ)を搭載できます。本体内部にストアした電圧、電流、電力などの各種データを、USBストレージ機器などの周辺機器に、バイナリ形式あるいはASCII形式で保存できます。
また、ユーザー定義演算式の入力に便利なキーボードも接続できます。

PC接続用USBポート搭載 (/C12)

本体背面に搭載されるUSBポート(タイプBコネクタ)は、WT3000EとPC間のデータ通信を可能にします*1
また、本オプションを搭載した製品と、WTViewer760121(別売)のUSB通信機能を使えば、USB通信経由でデータ収集ができます。

*1:USB通信を行うためにはUSBドライバーが必要です。USBドライバーは弊社ホームページから入手可能です。
*:PC接続用のUSBケーブルは付属していません。

■USBとはUniversal Serial Busの略語で、PCなどの周辺機器を統一した1つの通信機構で接続できることを目的としたシリアル通信の規格です。