ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



プレシジョンパワーアナライザ

WT3000E

ソフトウェア

近年は、開発・評価作業の効率アップとともに、その際に利用される測定器の稼働率アップと効率的な利用が求められています。
簡単にPCと接続して、手軽にWT3000*/WT3000Eの制御行うとともに、スムーズに測定データをPCへ取り込むことができるソフトウェアです。
*WT3000はファームウェアのバージョンアップが必要です。また専用モードへの設定も必要です。

消費電力測定ソフトウエア 【 無償ソフトウェア 】

消費電力測定ソフトウエア

近年、IEC62301やErp指令Lot6などの試験方法に対応した測定要求が高まってきています。
消費電力測定ソフトウエアは、本ソフトウェアをインストールしたPCと、プレシジョンパワーアナライザWT3000*/WT3000Eをつなげるだけで、IEC62301 Ed2.0およびErp指令Lot6の試験方法に準拠した測定が簡単にできるソフトウェアです。

高調波/フリッカ測定ソフトウエア 761921 【 バージョンアップ版 / 体験版 】

WT3000/WT3000Eで測定したデータをパーソナルコンピュータに取り込み、IEC61000-3-2第4.0版、JIS C 61000-3-2:2011、IEC61000-3-3第3.0版に準拠した高調波測定が可能な高調波/フリッカ測定ソフトウエアです。
Update

IEC61000-3-2 Ed 4.0に対応しました。(Ed3.0 A2 切替可能)
WT3000/WT3000Eおよび高調波/フリッカ測定ソフトウエア761921で対応している規格一覧

(2016年10月現在)

  限度規格番号 測定器への要求規格番号
高調波
測定
IEC 61000-3-2 Ed 3.0, Ed 3.0 A2,
IEC 61000-3-2 Ed 4.0
EN 61000-3-2: 2006/A2: 2009,
EN 61000-3-2: 2014
JIS C61000-3-2: 2011
IEC 61000-4-7 Ed 1.0, Ed 2.0 ,Ed 2.0 A1
JIS C61000-4-7: 2007
IEC 61000-3-12 Ed 1.0,
IEC 61000-3-12 Ed 2.0
EN 61000-3-12: 2005,
EN 61000-3-12: 2011
IEC 61000-4-7 Ed 1.0, Ed 2.0, Ed 2.0 A1
フリッカ/
電圧変動
IEC 61000-3-3 Ed 2.0: 2008,
IEC 61000-3-3 Ed 3.0: 2013
EN 61000-3-3: 2008,
EN 61000-3-3: 2013
IEC 61000-4-15 Ed 1.1: 2003,
IEC 61000-4-15 Ed 2.0: 2010,
EN 61000-4-15: 1998/A1: 2003,
EN 61000-4-15: 2011
IEC 61000-3-11 Ed 1.1 : 2003
EN 61000-3-11 : 2000
IEC 61000-4-15 Ed 1.1: 2003,
IEC 61000-4-15 Ed 2.0: 2010,
EN 61000-4-15: 1998/A1: 2003,
EN 61000-4-15: 2011


WT3000/WT3000Eを使った高調波/フリッカ測定に加え、電源(エヌエフ回路設計ブロック社製)をコントロールする便利な機能が追加されたソフトウェアです。
Update

WTViewer 760121 【 バージョンアップ版 / 体験版 】

WTViewer760121は、プレシジョンパワーアナライザWT3000/WT3000Eで測定した数値/波形データを、GP-IB、シリアル(RS-232)、イーサネット、あるいはUSB通信経由でPCに読み込み、波形数値の解析・保存ができるアプリケーションソフトウェアです。


 
WT3000/WT3000Eでの
測定可能台数
FTPサーバ/
クライアント機能
 GP-IB通信
1台~4台
×
 シリアル(RS-232)通信
1台
×
 イーサネット通信
1台~4台
 ○*
 USB通信
1台~4台
×

*ただし、メモリ媒体(PCカードかUSBストレージ)が必要

LabVIEWドライバ 【 無償ソフトウェア 】

LabVIEW画面

LabVIEWドライバを使ってデータ収集ができます。
LabVIEWドライバは弊社ホームページよりダウンロードできます。

通信ライブラリ"TMCTL" 【 無償ソフトウェア 】

製品とPCを接続して通信を行う際に、プログラムを作成し製品のコントロールが可能です。

USBドライバ 【 無償ソフトウェア 】

USBインタフェースを使用して当社製品とPCで通信を行う際に必要な専用USBドライバです。

通信コマンドの確認など,おおよそ必要な送信コマンドがわかります。 また、データ収集およびデータ保存も可能ですので、簡単なデータ収集に使用可能なプログラムです。

ファイルリーダーソフトウェア 【 無償ソフトウェア 】

プレシジョンパワーアナライザWT3000/WT3000Eで測定したデータを、ファイルを介してパソコン上に読み込み数値データで表示し、そのデータをCSV変換して保存できます。

ページのトップへ