ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



パワーアナライザ

WT500

特長

コンパクトながらもカラーTFTを搭載し、電力基本確度±0.2%、最大入力1000Vrms、40Arms、測定帯域100kHzを実現した単相および三相電力測定が可能な電力計です。

直感的な操作性を実現させたキー配置

WT500簡単操作キーの説明

直流(DC)信号と交流(AC)信号を同時測定

新エネルギー市場では、直流信号を交流に変換する技術の評価が重要です。
WT500は2エレメント入力以上のモデルで、直流信号、交流信号の同時測定ができ、入出力間の効率演算ができます。

充電/放電、売電/買電別の積算機能

二次電池などの評価ができる充電/放電電流の積算のほかに、太陽光発電システムでの売電電力と買電電力の積算機能を搭載しました。

測定データをUSBメモリに直接保存

測定データを直接USBメモリにCSV形式で保存できます。

カーソルキー操作での簡単設定

メニュー方式の画面で、直感的な設定ができます。

通常測定データと高調波データを同時測定

(高調波測定オプション(/G5)装備時)

電圧実効値、電流実効値、電力値と最大50次までの高調波成分を同時に測定できます。

省エネ機器の電力評価用WTシリーズ

グリーンIT、エネルギースター、CO2削減など省エネ機器の電力測定器としてWTシリーズは使われています。 WT500を含むWTシリーズで電力評価をサポートします。

ページのトップへ