ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



パワーアナライザ

WT500

アプリケーション

新エネルギーの電力測定

地球温暖化防止を背景に太陽光発電が注目されています。限られた資源である石油や石炭を原料とする火力発電などでは、地球温暖化の主な原因となっているCO2を排出し、環境に影響を与えます。
これに対して、太陽光発電はCO2を排出しないため、将来的に重要な新エネルギーになると考えられています。 WT500は、新エネルギーである太陽光発電での直流信号および交流信号を測定して、電圧、電流、および電力変換効率の評価ができます。


太陽光発電の消費電力、電力変換効率測定



産業界では徹底した省エネや新エネルギーの利用などが進められてます。特に日本では、太陽光発電向け装置の開発が活発に行われています。
WT500は、太陽光発電で発電した電力を、系統連系された電力システムに供給する「売電」や、電気を買う「買電」の消費電力量を測定し、売電/買電、消費電力/回生電力などのデータを省エネモニタとして同時に表示できます。


パワーコンディショナの売電/買電それぞれの電力測定

IHクッキングヒーターなどの大電流測定

近年、キッチンや給湯などの家庭内で使用する機器をすべて電気でまかなう「オール電化」が普及してきており、火を使うガスコンロに替わり、より安全性の高いことをキャッチフレーズにしたIHクッキングヒーターの需要が伸びてきています。
IHクッキングヒーターは、出力を大きくするために多くの電流を流し、熱に変換しています。
WT500は、IHクッキングヒータに流れる大電流(最大40Aまで)を、電流センサなどを使わずに入力して、電圧、電流、電力、波形のひずみ率(THD)などを測定できます。
生産ラインでの電力データ収集も高速に対応できます。
IHクッキングヒーターなどの大電流測定

家電製品の性能評価試験

エアコン、洗濯機や民生機器では、改正省エネ法やエネルギースターなどにより、消費電力削減対策の取り組みが行われています。家電製品では消費される電流を細かく制御して、消費電力が少なくなるような制御方式を採用しています。 WT500は、これらの機器の変動する消費電力を測定できます。

家電製品の性能評価試験

各種ポンプ・ファンの消費電力測定

産業用に使用される各種ポンプや空調用のファンは、多くの工場などで使用されています。これらのポンプなどの省エネを行うためには回転数を細かく制御する必要があり、インバータ駆動のものが多く使われています。
WT500では、これらのポンプを評価するために、電圧、電流、電力などの変動を測定できます。また、積算電力の測定ができるので、エネルギー効率についての考察ができます。
各種ポンプ・ファンの消費電力測定

UPS(無停電電源装置)などの電源品質評価試験

無停電電源装置(UPS)は、停電、瞬停、電圧変動、周波数変動などの電源異常時でも、常に安定した電源を供給するシステムです。 WT500では、UPSの性能試験として、入力/出力間の効率、出力電力、周波数、ひずみ率などの測定ができます。
注:周波数は、標準では2つまで測定可。
各種ポンプ・ファンの消費電力測定

ページのトップへ