ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ソースメジャーユニット

GS610

機能

GS610は電圧・電流発生および測定機能を搭載した高精度・高機能のプログラマブル電圧電流源です。最大出力電圧は110V,最大出力電流は3.2Aで、ソース動作(電流の供給)およびシンク動作(電流の吸い込み)が可能なため、広範囲にわたる基本電気特性の評価を行なうことができます。

電圧電流発生および測定範囲

最大電圧110V、最大電流3.2A、最大電力60Wのソース動作(電流の供給)およびシンク動作(電流の吸い込み)による4象限動作が可能です。 出力分解能および測定分解能は5.5桁です。

電圧発生/測定レンジ: 200mV~110V 
電流発生/測定レンジ: 20μA~3.2A 

最大出力電流 ±3.2A(出力電圧±12V以下)
  ±2A(出力電圧±30V以下)
  ±1A(出力電圧±60V以下)
  ±0.5A(出力電圧±110V以下)
電圧電流発生および測定範囲

発生および測定機能

GS610は定電圧源と定電流源、電圧計と電流計によって構成されます。
個々の動作はもちろん、組合わせにより多数の動作モードを選択できます。

動作モード:
電圧発生/電流測定 (VS/IM)、電圧発生/電圧測定 (VS/VM)
電流発生/電圧測定 (IS/VM)、電流発生/電流測定 (IS/IM)
電圧発生(VS)、電流発生(IS)、抵抗測定(VS/IM、IS/VM)

また、リモートセンス、ローカルセンスを内部切替することにより、2線式、4線式での制御と測定が可能です。
GS610の構成

多彩な動作モード

GS610の電圧電流発生部にはDC発生モードとパルス発生モードがあります。
各発生モードについて連続出力、リニアスイープ、ログスイープ、プログラムスイープといった4種類の動作モードが用意されており、プログラムスイープモードではユーザが任意のスイープパターンを定義できます。 各スイープモードでは最小100μs毎に出力レベルを変化させることができます。

DC発生モード
DC出力モード

パルス発生モード
パルス出力モード

ページのトップへ