ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



ソースメジャーユニット

GS610

機能

USBストレージを用いたカーブトレーサ機能

ソースメジャーユニットGS610とパソコンをUSB接続すると、GS610の内部メモリはUSB記憶装置デバイス(リムーバブルディスク)としてパソコンに認識されます。
GS610の発生パターンを汎用ワークシート上で作成し、このパターンファイルをドラッグ&ドロップ操作するだけでGS610の内部メモリに簡単に格納できます。
GS610はこのファイルに書かれた発生パターンに従って電圧または電流レベルをスイープし、各点における負荷電流または電圧値を測定し、測定結果をGS610の内部メモリに格納します。
面倒なプログラミングや専用ソフトウエアの導入は一切不要です。

USBストレージによる簡単プログラミング

ユーザ定義の演算機能

GS610では専用演算子の組み合わせによる自由演算が可能です。
測定値の線形変換や電力演算、現在測定値からの次回発生値の演算、関数式による発生データのリアルタイム演算などが可能です。演算式はパソコン上のテキストエディタで作成し、USB経由でGS610の内部メモリに保存します。

演算式ファイルイメージ

演算式

ページのトップへ