ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



計測展2013 TOKYO


会  期 2013年11月6日(水)~8日(金) 10:00~17:00
会  場 東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)西1・2ホール・アトリウム 当社ブース:西2ホール M-10
入 場 料 一般 1,000円 学生 無料 (事前登録者、招待状持参者は入場無料)
公式 URL http://www.jemima.or.jp/event/keisoku2013/ja/index.html
出展内容 「持続可能な社会の実現への貢献」をテーマに
プラント設備保守保全用測定器、省エネルギー機器用高精度測定器、光通信インフラ保守用測定器などをご紹介いたします。
出展予定製品
CA700 圧力キャリブレータ
ポータブルクラス最高峰の確度とワイドレンジを実現した圧力キャリブレータの新製品です。
CL420 クランプオンプロセスメータ
計装システムに使用される4-20mAプロセス信号をクランプするだけで計測が可能な計装信号用クランプテスタです。
WT1800 プレシジョンパワーアナライザ
電圧1000V/電流50Aまで最大6入力測定可能な最新の電力アナライザです。三相機器の電力と、500次までの高調波を2系統同時に測定できます。 さらに最速1ミリ秒毎に三相電力を測定して瞬時の変化を捉える機能を搭載しました。
2558A 交流標準電圧電流発生器
メータ校正/検査を正確かつ効率的に実施できる交流標準電圧電流発生器の新製品です。
光ファイバの敷設・保守用測定ツール
光ファイバ伝送路の敷設・保守作業に最適な多機能ハンドヘルド光測定器 OTDR、光パワーメータ、光源をご紹介します。
セミナー (事前登録) 【テクニカルセミナー】(無料:事前登録制)

「測定が困難な最近の省エネ電気機器の評価」
  日時 : 11月7日(木) 10:30~10:50
  場所 : セミナー会場 C
  内容 : 家電製品や産業機器の省エネ設計が求められているなか、最近は極端な低力率であったり、 高周波駆動であるなど、その省エネ効果を評価することが難しい電気機器が増えています。
その問題点をピックアップし、評価方法をご提案します。


「フィールド保全における圧力キャリブレーションと課題解決」
  日時 : 11月8日(金) 13:30~13:50
  場所 : セミナー会場 B
  内容 : フィールド機器の保全で、確実な管理を行うには固有事情を踏まえた取り組みが必要です。 圧力伝送器等のメンテナンスを例として、市場動向を踏まえた問題点の把握と、市場ニーズに対応した解決の方向性をご紹介します。

事前登録をされてご聴講頂いた方には、当社オリジナルのプラチナ万年筆社製ダブルアクションペン(シャープ+赤黒ボールペン)をプレゼント致します。


セミナー事前登録

ページのトップへ