ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



リモートコントロールソフトウェア

Wirepuller

概要

プログラムの概要

Wirepullerは、イーサネット/USB/GP-IBインタフェース経由で計測器をPCからリモートコントロールするフリーソフトウェアです。
計測器本体のフロントパネルイメージ(コントロール画面)がPC画面に表示され、計測器本体のキーを操作と同様のイメージで、離れた場所にあるPC上でのマウス操作によって計測器を自由にコントロールでき、測定結果を確認できます。
(有償ソフトウェアXviewerの計測器制御とほぼ同等機能です。)


WirePuller起動例

ソフト起動例


対象機種

SL1400(Ver. 6.51以上)
DL750(Ver. 1.07以上)、DL750P(Ver. 5.02以上)
DL1600シリーズ(Ver. 1.04以上)
DL1700シリーズ(Ver. 1.31以上)
DL1700Eシリーズ(Ver. 2.02以上)
DL7100/DL7200(Ver. 3.05以上)
DL7400(Ver. 1.04以上)
WT1600(Ver. 2.01以上)

注意:下記の機種については、別フリーソフトウェアXWirepullerが対応しています。


DLM2000シリーズ、DLM4000シリーズ、DL850シリーズ、DLM6000/DL6000シリーズ、DL9000/DL9700/DL9500シリーズ(Ver. 4.24以上)、SB5000(Ver. 4.24以上)


主な機能

通信経由での計測器リモートコントロール
計測器の画面イメージをPC上で表示し自動更新(更新レートの指定が可能)
PCで表示中の計測器画面イメージをBMPまたはPNG形式でPC上にファイル保存
※WT1600はUSBインタフェースをサポートしていません。また、更新レートを200ms以上に設定する必要があります。


対応OS

Windows 8.1(32/64-bit)、Windows 8(32/64-bit)、Windows 7(32/64-bit)


動作に必要なシステム環境

CPU: Core 2 Duo 2GHz 以上
メモリ: 1GB以上
ディスプレイ: SVGA/XGA(XGA以上を推奨)、65536色以上


使用可能なインタフェース

※1:イーサネット、USB※1、GP-IB※2
USBインタフェースをご使用の場合は、別途USBドライバが必要です。
必ず専用のUSBドライバをインストール(更新)してください。USBドライバが専用でない場合、動作しないことがあります。

  

※2:ナショナルインスツルメンツ社製GP-IBに対応。

※Windows、Windows XPは、米国Microsoft Corporationの、米国 およびその他の国における登録商標または商標です。